人材採用の記事

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。
転職求人数が30カ月連続増加、転職希望者数は前年同月比5割超の大幅増 インテリジェンス調べ

転職求人数が30カ月連続増加、転職希望者数は前年同月比5割超の大幅増 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前年同月比21.6%増で30カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同52.5%増だった。
2018年卒学生の内定率6割超の高水準 ディスコ調べ

2018年卒学生の内定率6割超の高水準 ディスコ調べ

 2018年卒学生の採用面接が6月1日に解禁されたばかりだが、6月1日現在の内定率は6割を超える高水準となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
障がい者の就職件数8年連続で過去最高、就職率48.6%

障がい者の就職件数8年連続で過去最高、就職率48.6%

 ハローワークを通じた障がい者の就職件数が8年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省がまとめた2016年度の障がい者の職業紹介状況で分かった。
中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘

中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘

中途採用による人材獲得競争は激しさを増し、従来の採用手法では応募が集まらない状況だ。複数の企業からオファーを受ける候補者も多く、内定辞退も続出している。こうした採用課題を解決するため、採用チャネルの多様化や採用プロセスの最適化などを支援する新たな手法が出てきている。
4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

 厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.48倍で、前月を0.03ポイント上回り、1990年以降で最高値を記録した。
オプト、人材会社オプトワークスを設立 社長に前ディスコ社長の夏井氏が就任

オプト、人材会社オプトワークスを設立 社長に前ディスコ社長の夏井氏が就任

 オプトホールディング (東京・千代田、鉢嶺登社長)は、人材事業の新会社オプトワークスを設立した。オプトワークスはオプトグループが運営する国内最大級のデータサイエンティストコミュニティと連携し、データサイエンティストの育成・採用サービスを提供する。またオプトワークスの社長には、人材会社ディスコで2010年から6年間にわたり社長を務めた夏井丈俊氏が就任した。
4月の求人広告1.9%減と1年ぶりに減少、エリア別では中部・北陸地域のみ増加

4月の求人広告1.9%減と1年ぶりに減少、エリア別では中部・北陸地域のみ増加

 4月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比1.9%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
経験・スキルを持つ人材をピンポイントでスカウト ダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters」

経験・スキルを持つ人材をピンポイントでスカウト ダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters」

採用環境は厳しさを増し、もはや求職者の応募を待っているだけでは欲しい人材を獲得することが困難だ。企業の採用課題を解決する新たな手法として、大手人材会社インテリジェンスがダイレクト・ソーシングサービスを提案している。
大学生の就職内定率97.6% 2年連続で過去最高値を更新

大学生の就職内定率97.6% 2年連続で過去最高値を更新

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が97.6%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、4月1日現在の状況を取りまとめた。
転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、4月の転職求人数は前年同月比20.1%増で29カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同39.7%増だった。
新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

若年労働力の不足や労働力人口の減少で人材不足や人手不足はますます深刻になっている。こうした課題にさまざまな人材採用支援サービスを提供している老舗人材会社ディスコはどのように貢献していくのか。昨年、新社長に就任した新留正朗氏に企業の採用の課題や事業方針について聞いた。
エンジニア派遣メイテック業績堅調 人材確保に苦戦

エンジニア派遣メイテック業績堅調 人材確保に苦戦

 エンジニア派遣最大手メイテック(東京・港、國分秀世社長)は2017年3月期決算を発表した。大手・中堅メーカーとの採用競争による人材確保に苦戦したが、主要クライアントである製造大手各社の堅調な受注環境下で稼働率は高水準を維持し、増収増益となった。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。
396 件

人材採用で人気のキーワード