2017年1月23日

違法な時間外労働で調査事業場の4割以上に是正勧告

 厚生労働省が長時間労働などが疑われる事業場に監督指導を行った結果によると、4割以上の事業場で違法な時間外労働が行われていたことが分かった。

 (11315)

 2016年4~9月に重点監督を行った1万59事業場のうち、何らかの労働基準関係法令違反が見つかったのは6659事業場(全体の66.2%)だった。業種別では「接客娯楽業」(75.0%)、「運輸交通業」(72.7%)、「製造業」(71.5%)で7割を超えた。

 主な違反内容は「違法な時間外労働」(4416事業場、43.9%)、「過重労働による健康障害防止措置が未実施」(1043事業場、10.4%)、「賃金不払残業」(637事業場、6.3%)など。

 違法な時間外労働があった4416事業場において1カ月当たりの残業時間が最も多い従業員を確認したところ、半数以上の事業場が「100時間超」(2419業場)で、そのうち489事業場が150時間超、うち116事業場が200時間超となっている。

◆違反事例

 脳・心臓疾患を発症させた労働者について、36協定で定める上限時間(特別条項:月80時間)を超えて発症前の直近6カ月平均で月92時間の違法な時間外労働を行わせるとともに、この労働者以外の労働者についても、21人の労働者に対し、36協定で定める上限時間を上回る月100時間を超える違法な時間外労働を行わせていた。違法な時間外労働は、最も長い労働者で月約200時間となっていた。(情報処理サービス業)

 労働者の時間外労働を36協定で定める上限時間(特別条項:月120時間)以内に抑えるため、労働時間を管理する役職者によるタイムカードの不正打刻が行われていた。その結果、月120時間を超える違法な時間外労働を11人の労働者に行わせ、かつ、過少に打刻された分の割増賃金を支払っていない事実が認められた。(製造業)

 自動車運転者4人について、36協定で定める上限時間(月125時間)を超えて、違法な時間外労働(最も長い労働者で月約160時間)を行わせるとともに、自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)を超えて労働を行わせていた。(引越業)

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

3月から2018年新卒採用活動が本格的に始まる。企業の「働き方改革」の取り組み、とりわけ長時間労働の問題に学生の関心が高まっており、企業説明会ではこれに関する学生の質問が飛び交う可能性もありそうだ。(文・溝上憲文編集委員)
2017年 労働法改正 人事担当者が押さえるべき注目ポイント

2017年 労働法改正 人事担当者が押さえるべき注目ポイント

2017年は人事・労務に関する重要な法改正も行われる予定だ。その中でも最大の注目点は何といっても長時間労働の是正と同一労働同一賃金を目指した動きだろう。法改正によって何が変わってくるのか。人事担当者が押さえるべき注目ポイントを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
ノーリツ 明石本社工場内に従業員向け保育園を開設

ノーリツ 明石本社工場内に従業員向け保育園を開設

 給湯器やシステムキッチンなどを手掛けるノーリツ(兵庫・神戸、國井総一郎社長)は、明石本社工場内(兵庫・明石)に企業主導型保育園を開設し、7月から運営を開始する。
大和ハウス 「プレミアムフライデー」は午後半休

大和ハウス 「プレミアムフライデー」は午後半休

 大和ハウス工業(大阪市、大野直竹社長)は経済産業省が推進する「プレミアムフライデー」の取り組みに賛同し、偶数月の最終金曜日の午後を半日有休とする。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース