2017年9月6日

IT関連産業の新卒採用は十分に確保できていない企業が過半数

 IT関連産業の新卒採用での採用人数について、十分に確保できていないとする企業は51.6%に上り、約半数の企業が十分な採用人数を確保できていないことが経済産業省の調査で分かった。

 (13064)

 業種別にみると、十分に確保できていない企業の割合が最も高かったのは「技術者派遣」で(76.0%)、次いで「受託システム開発」(56.4%)、「ソフトウエアプロダクト開発・販売」(51.7%)となった。

 従業員規模別にみると、1001人以上の企業では十分に確保できているとの回答が94.2%に上ったものの、301人以上1000人以下では54.7%、101人以上300人以下では45.9%となり、従業員規模が小さくなるほど、十分に確保できていない現状が明らかとなった。

 また、採用した人材の水準に満足している企業は58.3%と過半数を超えたものの、約4割(41.3%)の企業では採用した人材の水準に満足していないという結果になった。

 個人向けの調査で、IT人材の1カ月あたりの残業時間を聞くと、「30代」と「40代」が最も多く29.5時間となった。「20代」は25.3時間、「50代」は26.7時間だった。

 従業員規模別にみると、残業時間が最も多いのは5001人以上で30.9時間、次いで1001人以上5000人以下で29.9時間、301人以上1000人以下で29.6時間と続き、従業員規模が大きいほど残業時間も長いという結果になった。

 年収別にみると、年収が上がるにつれて残業時間も長くなっており、「1,500万円以上」の回答者は、40時間を超える結果となった。

【年収別残業時間】
1500円台以上 43.0時間
1000~1400万円台 37.0時間
900万円台 34.4時間
800万円台 31.9時間
700万円台 30.3時間
600万円台 30.0時間
500万円台 27.3時間
400万円台 23.4時間
300万円台 20.3時間
200万円台以下 16.9時間

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%減となったことが、厚生労働省が発表した17年7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
6月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は13カ月ぶりに減少

6月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は13カ月ぶりに減少

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%減となったことが、厚生労働省が発表した17年6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
残業抑制策としてインターバル規制が法制化へ

残業抑制策としてインターバル規制が法制化へ

 政府の働き方改革実行計画に残業抑制策として、勤務間インターバル規制が努力義務ながらも盛り込まれた。インターバル規制の法制化は長時間労働の是正策になりえるか。(文・溝上憲文編集委員)
「残業を命じられたことがある」は6割強、20代、30代男性は8割前後 連合調べ

「残業を命じられたことがある」は6割強、20代、30代男性は8割前後 連合調べ

 残業を命じられたことがある人は6割を超えており、特に20代、30代の男性は8割前後となっていることが日本労働組合総連合会(連合)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース