2016年12月26日

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。

 (10794)

大塩茂樹 経営管理本部 人事部 人材開発課 課長

「求める人物像を明確に示すことで、内定者のレベルが格段に上がり、質の向上につながっています」

求めている人物像や人事の方針について教えてください。

 JKホールディングスは、住宅建材の専門商社であるジャパン建材を中核会社に、住宅関連事業を展開しています。JKホールディングスの売上高は約3300億円で、住宅建材卸売業界ではトップの実績を誇っています。

 当社が求めている人物像は「人から学べる人」です。具体的には「人とよく接し、よく話を聞き、常にそこから何かを学ぼうとする貪欲な意志と謙虚な姿勢」が備わっているということで、入社した時は差がなくても、そうした姿勢の有無で10年後、20年後には大差がつくと考えています。
 そして当社では、企業とは単に仕事をして給料を得るところではなく、仕事を通じて己を磨いて自己実現を果たしていく、いわば「人生道場」であるという考え方に基づく“「住」道”という全社員の行動指針を定めています。

 社員の「目指すべき姿」「あるべき姿」を明確に掲げ、成果のみならず「仕事をする姿勢・態度」を評価基準にも落とし込んで昇格の要件とするなど、全社員の自己実現や成長を強く意識した人事制度としています。
 実はこの“「住」道”を追求していくというメッセージは2015年度入社の新卒採用の広報要件から始まり、その後に行動指針や評価基準にも取り込まれていったのです。

学生に対する採用メッセージを変更した理由を教えてください。

 以前の新卒採用では「快適で豊かな住環境の創造」という企業理念がイメージできるように、例えば、緑の自然をビジュアルに用いて万人受けするようなメッセージを発信していました。
 その結果、多くの学生が応募してくれてはいたのですが、「東証一部だから」「業界No.1だから」といった安定を望むような学生が目立ちました。また、当時は人事担当者も少ない中、いわば玉石混交の多くの学生に対応していかなければならず、採用業務に大きな負荷がかかりました。
 学生に有利な売り手市場に変わっていく中で、こうした採用活動を続けていてはいけないと考え、当社が本当に求める人材を採用していくためにメッセージを思い切って変えることにしました。

メッセージを変えた効果はいかがでしたか。

 例年50人程度を採用していますが、メッセージを変えた15年度の採用では学生のエントリー数が前年から60%も減少し、どうなることかと案じましたが、結果的に最終選考に残った人数は前年と変わりませんでした。つまり、効率が倍以上良くなったということです。

 あくまでも一つの見方に過ぎませんが、内定を出した学生の大学のレベルも格段に上がり、質の向上にもつながったと思います。
 いずれにせよ「大手企業だから安心」的な発想の学生が応募の段階でかなり減り、“「住」道”という価値観に共感する学生が増えた実感があります。採用メッセージを変えることで効率的な採用の実現に大きな効果があったということです。
JKホールディングス 採用ページ

JKホールディングス 採用ページ

行動指針の“住「道」”をトップページに掲げている
35 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース