2016年12月26日

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。

採用方針の見直しやインターンシッ プの拡充などを進める上で人事部門の負担も大きかったと思いますが、どのような体制ですか。

 人事部門は現在15人で、最近2年ほどの間でほぼ倍増となっています。マイナンバー制度やストレスチェックの義務化などのように期限が決まっている中で進める必要のある業務が増えていることもありますが、経営トップの方針によって採用を含めて人事制度の改革に取り組んでいることが体制強化の理由としては大きいと思います。

 現場で頑張って成果を上げた社員がより報われるような納得性の高い仕組みへと見直しており、人事部門は現場感覚を持ちながら社員からも理解が得られるように進めていかなければなりません。“「住」道”というメッセージを軸にして採用活動を変えてきたことも、そうした人事全体の取り組みの一環です。

JKホールディングス株式会社

http://www.jkhd.co.jp
代表者: 代表取締役社長 青木慶一郎
設立: 1949年 
資本金: 31億95百万円
従業員数: 1607人(子会社への出向者含む)
事業内容: 総合建材卸売、合板製造・木材加工、フランチャイズ、総合建材小売、住宅建設、その他関連事業
本社: 東京都江東区新木場1-7-22
売上高: 3302億80 百万円(2016年3月期、連結)
35 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

鈴与シンワート 大川正 総務人事部長兼人事課長 有効な母集団形成を目指して採用手法の見直し進める

鈴与シンワート 大川正 総務人事部長兼人事課長 有効な母集団形成を目指して採用手法の見直し進める

鈴与グループの情報システム会社、鈴与シンワート。受託開発中心からサービス提供型へのビジネスモデルの変革を推進している。IT人材の確保に苦労は絶えないが、採用手法の改善を着々と重ねている。同社採用責任者の大川正氏に採用の状況や取り組みなどを聞いた。
大卒初任給20万3400円で過去最高

大卒初任給20万3400円で過去最高

 2016年の大卒初任給は前年比0.7%増となる20万3400円で、過去最高額となったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
【新卒採用動向】大企業は内定者フォローと18年卒採用に向けた動きにシフト

【新卒採用動向】大企業は内定者フォローと18年卒採用に向けた動きにシフト

カケハシ スカイソリューションズ  岩田 徹 ヒューマンリレーション事業部 事業部長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

セミナー・イベント

プレスリリース