2017年12月5日

ウィルグループ第2四半期連結決算 営業利益は前年同期と比べ2倍

人材サービスを手掛けるウィルグループ(東京・中野、大原茂社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は365億4300万円、営業利益は12億9900万円で増収増益となった。

 (25083)

 前年同期と比べると、売上高は31.1%増、営業利益は119.7%増だった。

 事業別にみると、セールスアウトソーシング事業の売上高は104億2600万円、営業利益は9億700万円となっており、利益率は過去最高となった。

コールセンターアウトソーシング事業の売上高は66億4800万円、営業利益は3億9100万円で、利益率が営業生産性の向上により改善した。

 ファクトリーアウトソーシング事業の売上高は76億6100万円、営業利益は4億2000万円で、売上総利益率が改善した。

 介護ビジネス支援事業の売上高は33億5000万円で、営業利益はマイナス4000万円。2020年3月期まではトップラインを重視し、先行投資を継続する。

 その他の海外事業の売上高は52億1000万円で、営業利益は2億4600万円となっており、M&A戦略により拡大した。

 通期の業績予想について同社では、下期に上期未消化予算の消化、追加の先行投資を計画しているため売上高750億円、営業利益22億5000万円という当初の予想を据え置くとしている。

 また、中期経営計画として、2020年3月期に売上高1000億円、営業利益40億円を目標としているが、これに向けて順調に推移しているとした。

ウィルグループの関連記事

セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
2018年4月に障がい者の法定雇用率の引き上げが行われ、企業は以前に増して障がい者雇用への対応が求められている。セントメディアでは、採用前段階から企業にコンサルティングとして入ることで、今まで障がい者雇用に苦戦していた企業でも安定的に採用できるように、採用と定着の支援を行っている。また、候補者に対して事前ヒアリングやフォローを手厚く行うことで、企業と候補者のマッチングを実現し、高い決定率、定着率を維持している。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中