2016年7月14日

働く母親の3人に1人が正社員

 働く母親の3人に1人が正社員であることが、厚生労働省の2015年国民生活基礎調査で分かった。

 (7782)

 調査結果によると、児童のいる世帯における母親の仕事の有無をみると「仕事あり」は68.1%で、前年から2.4ポイント上昇した。

 「仕事あり」の母親のうち、「正規の職員・従業員」が33.0%、「非正規の職員・従業員」が54.7%、「その他」が12.3%となっている。「正規の職員・従業員」の割合は前年から1.3ポイントの上昇。 

 母親の仕事の有無を末子の年齢階級別にみると、末子の年齢が高くなるにしたがって「仕事なし」の割合が減少し、「非正規の職員・従業員」の割合が高くなる傾向にある。

 15歳以上の女性の就業の状況は「仕事あり」が50.1%で、「正規の職員・従業員」が17.8%、「非正規の職員・従業員」が23.1%となっている。

 年齢階級別にみると、「仕事あり」は「30~34歳」を谷とするM字型となっている。「正規の職員・従業員」の割合は「20~24歳」から「30~34歳」までは「非正規の職員・従業員」を上回り、「20~24歳」と「25~29歳」では4割を超えている。

 一方、15歳以上の男性の就業の状況は「仕事あり」が69.3%で、「正規の職員・従業員」が41.6%、「非正規の職員・従業員」が11.1%となっている。

 年齢階級別にみると、「仕事あり」は「25~29歳」から「55~59歳」までが9割以上の台形型で、「正規の職員・従業員」は「25~29歳」から「55~59歳」までが6割を超えている。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。
2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース