2018年1月23日

2017年の希望・早期退職募集が5年ぶりに前年増、 事業の“攻め”の構造改革進む

 東京商工リサーチの調査によると、2017年に希望・早期退職者を募集した上場企業は25社で、5年ぶりに前年を上回ったことが分かった。

 (14157)

 2017年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は前年の18社から7社増加した。「人手不足」が深刻さを増す中で、希望・早期退職者を募った上場企業数が5年ぶりに前年を上回った。

 2017年に希望・早期退職者募集を実施した上場企業数が前年を上回ったことについて東京商工リサーチは「業績不振から人員削減に踏み切った企業に加えて、業績が好調な時に将来のビジネス展開を見据えて既存事業の構造改革を進めるといった、“攻め”のケースも増えていることによる」と指摘した。

 さらに、「有効求人倍率が高水準に推移し、転職が比較的容易になった雇用環境の緩和も組織スリム化の追い風になっていることも見逃せない」としている。

 募集人数は3087人で、前年(5785人)から減少した。

 2000年以降で募集企業が最も多かったのは2002年の200社で募集人数も過去最多の3万9732人、次いでリーマン・ショック後の2009年に191社(募集人数2万2950人)。 円安が進行して大手企業の業績が好転した2013年からは減少傾向をたどり、前年は調査開始以来最小の18社にとどまっていた。

 2017年の募集企業25社を産業別に見ると、日立国際電気、ジャパンディスプレイ、ウシオ電機など電気機器が8社で最多だった。次いで小売が3社で続いた。

 個別企業で募集人数が最も多かったのはニコン(グループ会社を含む)の1000人(募集)。次いで、スズケン(グループ会社を含む)の350人、みらかホールディングス(グループ会社を含む)の350人、ジャパンディスプレイの240人、スリーエフの180人など。

 募集(応募)人数が100人以上になったのは8社で、前年と同数となった。

 東京商工リサーチでは今後の動向について、昨年秋のメガバンク3行による店舗の統廃合や人員スリム化方針の公表に注目して「今後も業績にかかわらず、企業競争力を高めるための人員の適正化や、新たな事業参入に向けた既存事業の見直しなど、次の事業展開を視野に、人員削減に踏み切る企業が続く可能性もある」と指摘した。

 同調査は、1月18日公表分までの資料に基づき、2017年に希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出している。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

 東京商工リサーチの調査によると、2016年に希望・早期退職者を募集した上場企業は2000年以降で最も少なかったことが分かった。募集人数が最も多かったのは東芝の3449人。
再就職援助計画の認定事業所数は109事業所、離職者数は前年比1000人超の減少

再就職援助計画の認定事業所数は109事業所、離職者数は前年比1000人超の減少

 厚生労働省の集計によると、2018年度第2四半期(7~9月)の「再就職援助計画」の認定事業所数は前年同期比36事業所減となる109事業所となったことが明らかとなった。
大卒の約3割が3年以内に離職 宿泊・飲食業で約5割と最多

大卒の約3割が3年以内に離職 宿泊・飲食業で約5割と最多

 2015年3月大卒者の約3割が就職後3年以内に離職していることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」で明らかになった。
大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

 2014年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

 2013年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。
昨年の希望・早期退職募集 シャープの3500人が最多

昨年の希望・早期退職募集 シャープの3500人が最多

 東京商工リサーチの調査によると、2015年に希望・早期退職者を募集した上場企業は2000年以降で最も少なかったことが分かった。募集人数が最も多かったのはシャープの3500人。
【著者が語る】非情の常時リストラ

【著者が語る】非情の常時リストラ

日本人材ニュース編集委員・ジャーナリスト 溝上憲文

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース