2016年11月21日

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。

 (10857)

 両省の発表によると、来春卒業予定の大学生の就職内定率は71.2%で、前年同期を4.7ポイント上回った。

 リーマン・ショック後の雇用環境の悪化で内定率が最も落ち込んだ2011年3月卒の57.6%から年々回復し、昨年若干悪化したものの、今年はリーマン・ショック前のピークだった2009年3月卒の69.9%を超える高水準となっている。

 男女別に内定率を見ると、男子は69.3%で前年同期比3.5ポイント増、女子は73.6%で同6.4ポイント増。文理別では、文系は71.4%で同5.5ポイント増、理系は70.7%で同1.5ポイント増。

 大学の地域別では、北海道・東北68.5%(前年同期比5.6ポイント増)、関東79.7%(同3.9ポイント増)、中部66.3%(同2.7ポイント増)、近畿75.6%(同7.8ポイント増)、中国・四国が45.0%(同2.8ポイント減)、九州61.6%(8.1ポイント増)となっている。

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
大卒初任給20万3400円で過去最高

大卒初任給20万3400円で過去最高

 2016年の大卒初任給は前年比0.7%増となる20万3400円で、過去最高額となったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
2015年 企業の人材需要と採用の課題-売り手市場化で内定辞退続出か

2015年 企業の人材需要と採用の課題-売り手市場化で内定辞退続出か

採用スケジュールが変わった新卒採用、人材不足が慢性化しつつある中途採用、非正規雇用のアルバイト・パート、人材派遣でも採用できない状況が続いている。2015年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社100社を対象にアンケート調査で聞いた。
【著者が語る】伝説の人事部長 究極の就活論

【著者が語る】伝説の人事部長 究極の就活論

クレディコム 小宮謙一 代表取締役

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース