2018年3月1日

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。

 (14310)

 賃金を前年と比べると、男女計と男性では0.1%増加、女性では0.6%増加した。女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差(男性=100)は、比較可能な1976年調査以降で過去最小の73.4となっている。

 産業別にみると、男性は金融業・保険業(46万7000円)が最も高く、次いで教育・学習支援業(44万300円)となっており、宿泊業・飲食サービス業(27万1400円)が最も低かった。

 女性では、教育・学習支援業(30万9800円)が最も高く、次いで情報通信業(30万7300円)となっており、宿泊業・飲食サービス業(20万100円)が最も低くなっている。

【産業別 賃金トップ3】
男性
1位 金融業・保険業 46万7000円
2位 教育・学習支援業 44万300円
3位 学術研究・専門・技術サービス業 41万4500円

女性
1位 教育・学習支援業 30万9800円
2位 情報通信業 30万7300円
3位 学術研究・専門・技術サービス業 29万4800円

 雇用形態別の賃金をみると、男女計では、正社員・正職員32万1600円(年齢41.7歳、勤続12.8年)、正社員・正職員以外21万800円(年齢47.3歳、勤続8.2年)だった。

 短時間労働者の1時間当たり賃金は、男女計1096円(前年比2.0%増)、男性1154円(同1.8%増)、女性1074円(同1.9%増)となっており、いずれも過去最高となっている。

 企業規模別に1時間当たり賃金をみると、男性は大企業がもっとも低く、女性は中企業が最高値で大企業が続く結果となった。

【短時間労働者の企業規模別、1時間あたり賃金】
大企業 男1113円(前年比1.6%増)
    女1077円(同2.1%増)
中企業 男1188円(同1.8%増)
    女1092円(同2.0%増)
小企業 男1180円(同2.6%増)
    女1055円(同1.7%増)

 産業別に1時間当たりの賃金をみると、男性は製造業、運輸業・郵便業、卸売業・小売業、サービス業(他に分類されないもの)が1000円を超え、女性では、医療・福祉、サービス業(他に分類されないもの)が1000円を超えた。

【産業別 短時間労働者の1時間あたり賃金 トップ3】
男性
1位 運輸業・郵便業 1209円
2位 製造業 1204円
3位 サービス業(他に分類されないもの) 1169円

女性
1位 医療・福祉 1258円
2位 サービス業(他に分類されないもの) 1062円
3位 卸売業・小売業 996円

 調査は、2017年7月に、2017年6月分の賃金等(賞与、期末手当等特別給与額については2016年1年間)について10人以上の常用労働者を雇用する民間の4万9541事業所を対象に集計した。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。
2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース