2016年8月3日

女性管理職の割合が上昇、10%を超える

 管理職に占める女性の割合が上昇し、10%を超えたことが、厚生労働省の2015年雇用均等基本調査で分かった。

 (9013)

 管理職に占める女性の割合が課長相当職以上(役員を含む)で11.9%となり、前回調査(2013年)から2.8ポイント上昇した。

 企業規模別にみると、おおむね規模が大きくなるほど女性管理職割合が低い傾向がみられ、5000人以上規模で5.4%、1000~4999人規模で4.2%、300~999人規模で4.8%、100~299人規模で6.4%、30~99人規模で13.7%、10~29人規模で22.7%となっている。

 産業別にみると、医療・福祉(46.7%)が特に高く、次いで、生活関連サービス業・娯楽業(28.0%)、宿泊業・飲食サービス業(25.1%)、教育・学習支援業(21.1%)で2割を超えている。最も低いのは、電気・ガス・熱供給・水道業(2.0%)。

 2014年10月から2015年9月までの1年間に、課長相当職以上への女性昇進者がいた企業割合は7.3%だった。

 課長相当職以上の女性管理職を有する企業割合は59.1%で、前回調査(2013年)に比べ7.7ポイント上昇している。

 調査は、2015年10月1日の状況について、常用労働者10人以上の5771社を対象に実施し、4009社から回答を得た。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。
【女性の中途採用動向】年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが著しい

【女性の中途採用動向】年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが著しい

パソナ パソナキャリアカンパニー 岩下 純子 人材紹介事業部門 女性活躍推進コンサルティングチーム マネージャー
【管理職(女性)の中途採用動向】管理職としての素質がある人材を採用し、様々な支援を行うことが重要

【管理職(女性)の中途採用動向】管理職としての素質がある人材を採用し、様々な支援を行うことが重要

ダイジョブ・グローバルリクルーティング 篠原 裕二 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース