2016年9月23日

大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

 大手・中堅企業が事業拡大や新規事業進出を理由に中途採用を行っていることが、厚生労働省の転職者実態調査で分かった。

 (10232)

 2015年10月1日現在で、転職者がいる事業所は35.7%。産業別では「情報通信業」が48.7%と最も高く、次いで「運輸業,郵便業」が48.5%、「医療,福祉」が45.3%と続く。

 転職者の採用に当たり重視した事項(複数回答)をみると、「人員構成の歪みの是正」(43.5%)、「既存事業の拡大・強化」(40.0%)、「組織の活性化」(31.4%)が多かった。

 事業規模が大きいほど、「既存事業の拡大・強化」「新規事業分野への進出」「新技術の導入・開発」などを理由とする採用が多くなっている。

 「人員構成の歪みの是正」が多かった産業は「生活関連サ-ビス業,娯楽業」(56.2%)、「宿泊業,飲食サ-ビス業」(52.0%)、「卸売業,小売業」(50.3%)、「既存事業の拡大・強化」が多かった産業は「情報通信業」(69.9%)、「建設業」(55.7%)、「卸売業,小売業」(49.3%)、「組織の活性化」が多かった産業は「金融業,保険業」(44.8%)、「生活関連サ-ビス業,娯楽業」(38.4%)、「情報通信業」(37.6%)だった。

 今後3年間に中途採用の予定がある事業所は52.6%。事業所規模が大きいほど採用予定の企業の割合が高い。

 産業別では「情報通信業」が70.5%で最も高く、「生活関連サ-ビス業,娯楽業」(65.5%)、「運輸業,郵便業」(65.1%)、「医療,福祉」(56.6%)、「建設業」(56.3%)、「宿泊業,飲食サ-ビス業」(55.7%)「サービス業」(55.6%)、「不動産業,物品賃貸業」(54.2%)と幅広い産業の企業が採用を予定している。

 新卒採用との優先順を見ると「転職者を優先して採用したい」が33.2%、「新規学卒者を優先して採用したい」が12.2%となっている。

 「転職者を優先して採用したい」と回答した割合が高い産業は「運輸業,郵便業」(61.2%)、「サービス業」(47.9%)、「鉱業,採石業,砂利採取業」(45.2%)となっている。

 一方、「新規学卒者を優先して採用したい」と回答した割合が高い産業は「電気・ガス・熱供給・水道業」(24.6%)、「不動産業,物品賃貸業」(21.0%)、「金融業,保険業」(20.4%)となっている。

 事業所規模が小さいほど中途採用を優先する企業の割合が高い傾向が見られる。

 採用予定の転職者の職種(複数回答)は「専門的・技術的な仕事」が45.1%で最も多く、「販売の仕事」と「サービスの仕事」がともに28.0%で続いた。

 調査は2015年10月1日現在の状況について、2015年9月28日~10月15日に実施し、1万514事業所から回答を得た。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
日本の労働生産性はOECD加盟35カ国中22位

日本の労働生産性はOECD加盟35カ国中22位

 日本生産性本部がまとめた「労働生産性の国際比較2015年版」によると、日本の労働生産性はOECD加盟35カ国で22位だったことが分かった。
R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

 2016年の世界のR&D支出トップ1000社のR&D支出額は6800億ドルで、前年比0.04%増の微増だったことがPwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&(東京・千代田、今井俊哉代表)が実施した「グローバル・イノベーション調査」で分かった。1000社の売上高は16兆ドルで前年比11.8%減だった。
会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

 2016年の1月~9月に会計監査人(監査法人)を退任した社数が最も多かった監査法人は、東芝の不正会計で金融庁より処分を受けた「新日本有限責任監査法人」であることが帝国データバンクの調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース