2016年4月7日

既卒者向け就職支援サービスをスタート マイナビ新卒紹介

 マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)は、今年大学・大学院を卒業した未就業者向けの就職支援サービス「マイナビ新卒紹介アドバンス」2016年度版の提供を開始する。

 (820)

既卒求職者へのカウンセリングをはじめ、実際の職場を再現したビジネスシミュレーション研修などを経てモチベーションを高め、既卒者を積極採用する企業とのマッチングを行う選考会を開催する。

 大学在学中に内定を得られず就活を継続する場合、既卒者の内定率は、現役の内定率87.8%(2月1日現在)と比べ半分近い割合になることから、マイナビ新卒紹介アドバンスでは、既卒の求職者へのカウンセリング、就活の振り返り・適性・能力の見直しを通して、企業が採用したいと感じられる人材へのステップアップに向けたサポートを行う。

 マイナビでは、マッチング選考会を今年度は東京、大阪で実施する方針で、若手層の採用強化を考える企業に対して、既卒未就業者の人材紹介につなげる。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。
採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用活動スタートが12月に変更されて今年で2年目となり、採用期間中における活動の前倒しが顕著となった。さらに、政府の要請で2016年新卒の採用からは採用期間が後ろ倒しになる可能性がある。2014年新卒の採用活動を振り返り、採用期間短縮化の影響を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース