2018年1月16日

転職市場は2018年上半期も活況続く見込み パーソルキャリア予測

人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「転職市場予測2018上半期」によると、2018年上半期(1月~6月)の転職市場全体における求人数は、引き続き豊富な状況が続き、転職希望者にとって売り手市場が続くとみられている。

 (14069)

 業界別にみると、全11分野のうち「増加」が見込まれるのは「電気・機械」、「メディカル」、「営業」、「人事・経理・法務」、「企画・マーケテイング」の5分野。

 「電気・機械」では、モノづくりエンジニアの求人数は引き続き増加の見通しで、業種や製品の垣根をまたぐ転職も当たり前になってくる。

 「メディカル」では、バイオベンチャーでの研究職採用が活発で、MR経験者が医療機器営業に転職するなど異業種からの受け入れも増加傾向にある。

 「営業」では、特に人材サービス、アウトソーシング、広告、IT、Web広告といった無形の商材・サービスを扱う業界での採用が活発だが、消費財メーカー、飲料品メーカーなど有形商材を扱う大手企業の求人も増えている。

 「人事・経理・法務」では、スピードを重視する企業で管理部門の一部機能を事業部門内に設置するなどなどの動きがみられるほか、事業再編やガバナンス強化、働き方改革など企業が抱えるさまざまな需要課題に対して積極的にアプローチできる人材へのニーズが高まっている。

 「企画・マーケテイング」では、新しい市場の開拓や商品・サービスの開発、生産性向上など、事業そのものへのインパクトが大きいため厳選採用となる傾向があり、人員が補充されないまま新たに求人が増えていく状況があり、引き続き求人数は増加する見込みだ。

 一方、唯一「減少」が見込まれるのは「金融」。銀行は、2016年から続くマイナス金利政策の影響が大きく、収益の悪化がより顕著になってきた。そのため、求人は専門職と投資に対応するニーズに限定的となっている。

 そのほか、「緩やかに増加」が見込まれるのは「建築・土木」、「販売・サービス」、「クリエイティブ」の3分野、「横ばい」は「IT・通信」、「化学・素材」の2分野となっている。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年の転職人気企業トップは前年同様「トヨタ自動車」

2018年の転職人気企業トップは前年同様「トヨタ自動車」

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2018」によると、2018年の転職人気企業ランキングは1位「トヨタ自動車」(4679ポイント)、2位「グーグル」(4200ポイント)、3位「ソニー」(1690ポイント)という結果となった。
4月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

4月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

 厚生労働省が発表した2018年4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、前月と同水準となった。
3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

 厚生労働省が発表した2018年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、前月比は0.01ポイント増加した。
2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

 厚生労働省が発表した2018年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.58倍で、前月比は66カ月ぶりに0.01ポイント減少した。
2018年1月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

2018年1月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

 厚生労働省が発表した2018年1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を記録した前月と同水準となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース