2019年3月29日

2019年度に正社員の採用予定がある企業は高水準ながら3年ぶりに減少

 2019年度に正社員の採用予定がある企業は5年連続で6割を超えたものの、3年ぶりに減少に転じたことが、帝国データバンクの「雇用動向に関する企業の意識調査」で明らかとなった。

 (23686)

 2019年度(2019年4月~2020年3月入社)に正社員(新卒・中途入社)の「採用予定がある」(「増加する」「変わらない」「減少する」の合計)と回答した企業は64.2%となり、 2016年度調査(2016年2月実施)以来3年ぶりに減少した。しかし、採用予定のある企業は5年連続で6割を超えており、リーマン・ショック前(2008年3月)に調査を実施した2008年度(62.2%)を上回る水準が続いている。

 「採用予定はない」は24.4%と2010年度以来9年ぶりに増加した。

 正社員の「採用予定がある」と回答した企業を規模別にみると、「大企業」は84. 8%にのぼり、調査を開始した2005年度以降で最高を更新した。大企業の採用予定は2002年2月から2008年2月まで続いた、いざなみ景気当時を上回る水準となり、 積極的な採用姿勢の継続が浮き彫りとなった。

 「中小企業」は59.1%となり、前回調査(2018年2月実施)から2.2ポイント減少した。

 非正社員(新卒・中途入社)の「採用予定がある」(「増加する」「変わらない」「減少する」の合計)と回答した企業は50.3%となった。非正社員の採用予定は2年連続で半数を超えているものの、前回調査を2.1ポイント下回り、採用意欲がやや一服した。

 ただし、非正社員が人手不足の状態にある業種(帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」)の採用意欲は高く、とりわけ「飲食店」で9割、「飲食料品小売」「医薬品・日用雑貨品小売」は8割を超える企業で採用を予定している。

 「採用予定はない」(36.3%)と回答した企業は前回調査(35.0%)を1.3ポイント上回り、3年ぶりに増加した。
 2019年度の正社員比率は、2018年度と比較して「上昇する(見込み含む)」と回答した企業が18.3%で、「低下する(見込み含む)」(6.1%)を12.2ポイント上回った。

 2019年度は雇用形態の正社員化で一段の進展が見込まれるものの、正社員比率が「上昇する」割合は前回調査から2.4ポイント低下しており、その勢いはやや鈍化するとみられる。

 正社員比率が上昇する要因は「業容拡大への対応」が45.8%で最も高かったものの、2018年度(51.5%)と比較して5.7ポイント減少した。

 次いで、「退職による欠員の補充」(37.8%)と「技術承継などを目的とした正社員雇用の増加」(30.5%)が3割台で続いたほか、「非正社員から正社員への雇用形態の転換」(28.0%)も3割近くの企業が要因にあげていた。

【正社員比率の上昇要因 トップ5】
1位 業容拡大への対応 45.8%
2位 退職による欠員の補充 37.8%
3位 技術承継などを目的とした正社員雇用の増加 30.5%
4位 非正社員から正社員への雇用形態の転換 28.0%
5位 人手不足による非正社員の減少で相対的に上昇 16.5%

 調査は、2019年2月15日~28日、全国の2万3031社を対象に実施し、9701社の有効回答を得た。

おすすめの記事

競業他社への転職と人事の実務対応

競業他社への転職と人事の実務対応
雇用の流動化や経験豊富な管理職の中途採用のニーズの高まりなどから転職者数が増加する傾向にある中で、労働者が競業する企業に転職してトラブルになるケースも見受けられます。本稿では、競業他社への転職に関して、転職労働者を雇用していた企業(以下「転職前企業」といいます。)及び転職労働者を雇い入れる企業(以下「転職先企業」といいます。)それぞれの立場における対応を説明します 。
5 件

関連する記事

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は45.4%で、企業の4割超が正社員の不足を感じていることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は45.0%、「過剰」は9.6%だった。
2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

 帝国データバンクの調査によると、2017年度に正社員の採用予定がある企業は6割を超え、過去10年で最高となったことが分かった。
未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

 未充足の求人がある事業所が52%に上ることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。医療・福祉業は7割以上、サービス業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、6割以上の事業所が中途採用

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、6割以上の事業所が中途採用

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

 監査法人のトーマツが実施した「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」(2018年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクは3年連続で「自然災害」が最も多く挙がった。
日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

 日本で働く外国人が146万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2018年10月末現在)
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。

人事向け限定情報を配信中