2019年1月23日

派遣スタッフ平均時給1661円、前年比は増加するも、前月比は微減 リクルート調べ

 2018年12月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比14円増、0.9%増の1661円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は1円減、0.1%減だった。

 (23496)

 職種別に前年同月と比べると、IT・技術系2056円(46円増、2.3%増)、オフィスワーク系1518円(31円増、2.1%増)、医療介護・教育系1437円(15円増、1.1%増)、クリエイティブ系1738円(14円増、0.8%増)が増加し、営業・販売・サービス系1435円(7円減、0.5%減)のみ減少した。

【三大都市圏 職種別 平均時給(前年同月比、前月比)】
オフィスワーク系 1518円(2.1%増、0.2%増)
営業・販売・サービス系 1435円(0.5%減、0.2%減)
IT・技術系 2056円(2.3%増、増減なし)
クリエイティブ系 1738円(0.8%増、0.3%増)
医療介護・教育系 1437円(1.1%増、0.6%減)

関東の平均時給は1725円

 関東の平均時給は1725円で前年同月比3円増(0.2%増)、前月比6円減(0.3%減)となった。

 職種別に前年同月と比べると、医療介護・教育系1521円(37円増、2.5%増)、オフィスワーク系1587円(31円増、2.0%増)、IT・技術系2148円(28円増、1.3%増)、クリエイティブ系1795円(8円増、0.4%増)が増加し、営業・販売・サービス系1465円(32円減、2.1%減)のみ減少した。

【関東 職種別 平均時給(前年同月比、前月比)】
オフィスワーク系 1587円(2.0%増、増減なし)
営業・販売・サービス系 1465円(2.1%減、0.3%減)
IT・技術系 2148円(1.3%増、0.3%減)
クリエイティブ系 1795円(0.4%増、0.1%増)
医療介護・教育系 1521円(2.5%増、0.2%減)

東海の平均時給は1544円

 東海の平均時給は1544円で前年同月比56円増(3.8%増)、前月比10円増(0.7%増)となった。

 職種別に前年同月と比べると、IT・技術系1856円(71円増、4.0%増)、クリエイティブ系1443円(31円増、2.2%増)、オフィスワーク系1324円(21円増、1.6%増)、営業・販売・サービス系1342円(18円増、1.4%増)、医療介護・教育系1276円(15円増、1.2%増)とすべての職種で増加した。

【東海 職種別 平均時給(前年同月比、前月比)】
オフィスワーク系 1324円(1.6%増、0.3%増)
営業・販売・サービス系 1342円(1.4%増、0.4%増)
IT・技術系 1856円(4.0%増、0.6%増)
クリエイティブ系 1443円(2.2%増、0.2%増)
医療介護・教育系 1276円(1.2%増、0.3%増)

関西の平均時給は1469円

 関西の平均時給は1469円で前年同月比17円増(1.2%増)、前月比1円増(0.1%増)となった。

 職種別に前年同月と比べると、IT・技術系1855円(81円増、4.6%増)、クリエイティブ系1451円(49円増、3.5%増)、オフィスワーク系1333円(23円増、1.8%増)、営業・販売・サービス系1331円(14円増、1.1%増)が増加し、医療介護・教育系1334円(5円減、0.4%減)のみ減少した。

【関西 職種別 平均時給(前年同月比、前月比)】
オフィスワーク系 1333円(1.8%増、0.2%増)
営業・販売・サービス系 1331円(1.1%増、1.0%減)
IT・技術系 1855円(4.6%増、0.8%増)
クリエイティブ系 1451円(3.5%増、0.5%増)
医療介護・教育系 1334円(0.4%減、0.2%減)

 調査は、11月28日~12月26日、リクルートジョブズが企画運営する求人情報サイト「リクナビ派遣」に掲載された求人情報から、派遣スタッフの募集時平均時給を集計した。
関東: 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県
東海: 愛知県、三重県、岐阜県、静岡県
関西: 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
11 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】