2018年2月21日

【著者が語る】次世代リーダーシップ開発

マネジメント サービス センター 藤原浩 代表取締役社長

 (14099)

マネジメント サービス センター 藤原浩 代表取締役社長

 今、企業は未曽有の変化にさらされています。AIやIoTといった革新的なデジタル技術は、従来とは全く異次元のビジネスの競争原理を生み出しています。またビジネスのグローバル化や国内生産労働人口の減少を背景に、企業は多様な人々を活用して、より高い付加価値や生産性を実現するマネジメントに転換することを求められています。

 パラダイムシフトを余儀なくされる変化の時代に、未来に向けて組織を率いることのできるリーダー人材をどれくらい準備できているでしょうか。

 多くの企業は危機感を持ち、人事部門はこれまでも様々な育成施策に取り組んできました。にもかかわらず、経営者は結果に必ずしも満足せず、次世代のリーダーが十分育っていないことに強い焦りを感じてさえいます。

 本書を著したDDI社は、世界93カ国で年間25万人以上のリーダーシップ開発に携わっているグローバル企業です。当社は、DDI社が1999年から世界規模で継続的に実施しているリーダーシップ調査に参加していますが、調査結果から、現在から将来にわたるリーダー人材の需要に対して、供給が全く追いついていない、むしろ状況は悪化していることが判明しています。

 本書は、複雑さを増した世界の中でより多くのリーダーをより速く輩出する方法を極めて具体的に論じた経営書であり、リーダーシップ開発に長年精通しているDDI社の経験と知見がふんだんに盛り込まれた実用書です。

 リーダーの成長を加速化する6つの必須要件(Commit:コミットする、Aim:目標を定める、Identify:特定する、Assess:診断する、Growth:成長する、 Sustain:持続する)を示し、必須要件にポジティブなエネルギーを与えるための手法を紹介しています。

 ただし企業は、6つの必須要件全てに卓越する必要はありません。既にある自社のリーダーシップ開発システムを6つの必須要件に照らして再考し、優先的に強化すべきテーマにエネルギーを再注入すればよいのです。本書が、リーダーの育成を最速モードにシフトチェンジするための一助となるよう願っています。
次世代リーダーシップ開発

次世代リーダーシップ開発

マシュー J.ペース 著
オードリー B.スミス 著
ウィリアム C.バイアム 著
藤原 浩 監訳
ProFuture、2,200円+税

マネジメント サービス センター「企業の持続的な成長のために“リーダーシップパイプライン”の構築を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

マネジメント サービス センター「企業の持続的な成長のために“リーダーシップパイプライン”の構築を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
藤原 浩 代表取締役社長
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

リフレッシュコミュニケーションズ 吉田 幸弘 代表
社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.5歳で、社長の高齢化が進んでいる。
社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。
ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長CEOの渡辺秀和氏に、事業展開と組織運営の方針などについて話を聞いた。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

「2020年までに日本で最も優れたヘルスケア企業となることを目指す」というビジョンを掲げるMSD。「優れた人財から選ばれる企業となる」ことを目的として、働き方改革やリーダー育成に注力している。人事部門を統括する太田直樹氏に、人事施策の狙いや取り組み状況などを聞いた。
現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

次世代を担う経営者やリーダーを育成・輩出していくことで、社会全体を活性化させたいとの想いから設立された経営者JP。代表取締役社長・CEO の井上和幸氏に、注力している取り組みテーマや事業方針などについて話を聞いた。
活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

経営環境の変化でリーダー人材の採用と社内人材の育成を強化する企業が増えている。一方で、「リーダーを採用できない、育成できない」との声も挙がる。今後、何を実践すればリーダーを確保することができるのか、企業の課題を探った。
「人材の二極化時代」の採用戦略 経営幹部候補のリーダー人材から選ばれる企業になる

「人材の二極化時代」の採用戦略 経営幹部候補のリーダー人材から選ばれる企業になる

経営幹部候補であるリーダー人材の採用や育成への関心が高まっている。しかし、リーダー人材を確保するための人事戦略が実現できている企業はまだ少ないようだ。企業の人材採用の実情に詳しい人材紹介会社コンコードエグゼクティブグループ社長の渡辺秀和氏に、リーダー人材から選ばれる企業になるための採用戦略などを聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース