2018年8月28日

7月の求人広告は前月比4.4%減、すべてのエリアで前月比が減少

7月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で109万574件となり、前月比4.4%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

 (22408)

 最も多かったのは「販売」21万8572件(前月比2.3%減)となった。次いで「サービス(給仕)」15万2662件(同6.1%減)、「運搬・清掃・包装等」9万2912件(同4.8%減)などが続いた。

【職種別 求人広告掲載件数 上位5職種】
1位 販売 21万8572件(前月比2.3%減、占有率20.0%)
2位 サービス(給仕) 15万2662件(同6.1%減、同14.0%)
3位 運搬・清掃・包装等 9万2912件(同4.8%減、同8.5%)
4位 サービス(調理) 8万9208件(同8.1%減、同8.2%)
5位 サービス(接客) 8万6974件(同6.8%減、同8.0%)

 雇用形態別にみると、全体で99万1244件となっており、「正社員」が23万9541件(前月比4.4%減)、「アルバイト・パート」が67万930件(同9.5%減)、「契約社員他」が8万773件(同6.1%増)となった。

 地域別にみると、全体で99万4365件だった。すべてのエリアで前月比が減少したが、最も減少したのは、近畿(8.1%減)だった。次いで中四国(7.8%減)、関東・甲信越(7.2%減)が続いた。

 都道府県別にみると、前月比が最も増加したのは鳥取県(1.4%増)、次いで佐賀県(0.9%増)、最も減少したのは広島県(10.7%減)、次いで福島県(10.4%減)となった。

【地域別 求人広告掲載件数】
北海道・東北 6万8427件(前月比5.3%減、占有率6.9%)
関東・甲信越 47万4030件(同7.2%減、同47.7%)
中部・北陸  14万6601件(同6.7%減、同14.7%)
近畿     18万2673件(同8.1%減、同18.4%)
中四国    4万9576件(同7.8%減、同5.0%)
九州・沖縄  7万3058件(同6.3%減、同7.3%)

おすすめの記事

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務
平成28年4月1日、障害者(身体障害、知的障害、精神障害〔発達障害を含む〕。その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者)に対する合理的配慮の提供義務を定めた改正障害者雇用促進法(以下「改正法」といいます。)が施行されました。  合理的配慮の提供義務は、募集・採用時と採用後のそれぞれの段階でその履行が求められますが、今回は、採用後の合理的配慮の提供義務に焦点を絞って検討したいと思います。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

6月の求人広告は前月比0.4%増、採用意欲はやや高い水準を保つ

6月の求人広告は前月比0.4%増、採用意欲はやや高い水準を保つ

 6月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で114万760件となり、前月比0.4%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
5月の求人広告は前月比3.6%減、正社員の求人広告は増加

5月の求人広告は前月比3.6%減、正社員の求人広告は増加

 5月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で113万5928件となり、前月比3.6%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
4月の求人広告は前月比3.1%増、中部・北陸地方では前月比1割超の増加

4月の求人広告は前月比3.1%増、中部・北陸地方では前月比1割超の増加

 4月の職種分類別求人広告掲載件数は、全体で117万8891件となり、前月比3.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
3月の求人広告16.4%増と14カ月ぶりに1割超の増加、求人サイトの増加幅3割超

3月の求人広告16.4%増と14カ月ぶりに1割超の増加、求人サイトの増加幅3割超

 3月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比16.4%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
2月の求人広告1.0%増と4カ月連続の増加、職種別では“販売”が最多

2月の求人広告1.0%増と4カ月連続の増加、職種別では“販売”が最多

 2月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比1.0%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース