2019年4月12日

障がい者雇用が15年連続で過去最高、法定雇用率を達成している企業は微減

厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が15年連続で過去最高となったことが分かった。法定雇用率を達成している企業は前年比4.1ポイント減少した。

 (23754)

 2018年6月1日現在で民間企業(45.5人以上規模)に雇用されている障がい者の数は53万4769.5人(前年比7.9%増)で15年連続で過去最高を更新した。

 うち、身体障がい者は34万6208人(同3.8%増)、知的障がい者は12万1166.5人(同7.9%増)、精神障がい者は6万7395.0人(同34.7%増)。いずれも前年から増加しており、特に精神障がい者の伸び率は大きかった。

 実雇用率は2.05%で7年連続で過去最高を更新した(前年は1.97%)。法定雇用率(2.2%)を達成している企業は45.9%で前年(50.0%)を下回った。

 実雇用率を企業規模別に見ると、1000人以上2.25%、500~999人2.05%、300~499人1.90%、100~299人1.91%、50~99人1.68%となっている。

 産業別では、農,林,漁業(2.40%)、生活関連サービス業、娯楽業(2.23%)、医療,福祉(2.57%)が法定雇用率を上回っている。

 法定雇用率未達成企業は5万4369社。うち、障がい者を1人も雇用していない企業は57.8%だった。

 特例子会社の認定を受けている企業は486社で、雇用されている障がい者は3万2518.0人。

 一方、法定雇用率2.5%の国、地方公共団体での実雇用率は、国1.22%、都道府県2.44%、市町村2.38%、教育委員会1.90%となっており、いずれも前年を上回った。

おすすめの記事

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務
平成28年4月1日、障害者(身体障害、知的障害、精神障害〔発達障害を含む〕。その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者)に対する合理的配慮の提供義務を定めた改正障害者雇用促進法(以下「改正法」といいます。)が施行されました。  合理的配慮の提供義務は、募集・採用時と採用後のそれぞれの段階でその履行が求められますが、今回は、採用後の合理的配慮の提供義務に焦点を絞って検討したいと思います。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】