2017年5月23日

労働災害の死亡者数は2年連続過去最少、死傷者数は前年増

 労働災害による1年間の死亡者数は過去最少の928人と減少傾向にあるが、死傷者数は前年と比べ増加傾向にあることが厚生労働省のとりまとめで明らかになった。

 (12341)

 2016年の労働災害による死亡者数は928人で、前年から44人減となり、2年連続で過去最少となった。

 死亡者数が多い業種は、建設業294人(前年比33人減)、製造業177人(同17人増)、陸上貨物運送事業99人(同26人減)となっている。

 死亡者数が多い事故の型別は、墜落・転落232人、交通事故(道路)218人、はさまれ・巻き込まれ132人となっている。

 労働災害による死傷者数は(死亡・休業4日以上)は11万7910人で、前年と比べ1599人増となった。厚生労働省では、小売業、社会福祉施設、飲食店などで増加したことが影響したと分析している。

 死傷者数が多い業種は、製造業2万6454人(前年比63人増)、建設業1万5058人(同526人減)、陸上貨物運送事業1万3977人(同92人増)、小売業1万3444人(同414人増)となっている。

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

精神障害の労災請求件数が初めて1700件超え、嫌がらせ、いじめ、暴行が原因の最多 

精神障害の労災請求件数が初めて1700件超え、嫌がらせ、いじめ、暴行が原因の最多 

 仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の2017年度の労災請求件数が1732件に上ったことが、厚生労働省がまとめた「過労死等の労災補償状況」で分かった。前年度と比べると146件増加となる。
労働災害の死亡者数は3年ぶりに増加、死傷者数は2年連続の増加

労働災害の死亡者数は3年ぶりに増加、死傷者数は2年連続の増加

 2017年の労働災害による1年間の死亡者数は978人で、前年と比べ5.4%増と3年ぶりに増加したことが厚生労働省のとりまとめで明らかになった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース