2017年5月19日

新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

若年労働力の不足や労働力人口の減少で人材不足や人手不足はますます深刻になっている。こうした課題にさまざまな人材採用支援サービスを提供している老舗人材会社ディスコはどのように貢献していくのか。昨年、新社長に就任した新留正朗氏に企業の採用の課題や事業方針について聞いた。

 (12124)

新留正朗 代表取締役社長

1964年鹿児島県生まれ。同志社大学卒。1987年ディスコ入社、大阪支社採用広報営業部所属。1998年本社採用広報事業部営業第二課マネージャー、2005年本社リサーチ&マーケティング部長、2007年本社採用広報事業部事業部長、2009年本社IT推進部部長、2010年取締役を経て、2016 年10月代表取締役社長就任。

ディスコの事業領域で今後どのような分野を強化していくのかを教えてください。

 当社の主な事業領域は、新卒採用支援、中途採用支援、高校生向けの大学入試広報支援の3つで構成されています。この3事業に付随して大手企業を対象とした採用に関するアウトソーシングを受託しています。

 特に比重を置いているのは新卒採用事業で、昨年、これまで日経HRと共同運営していた日経就職ナビを発展させ、「キャリタス就活」という自社ブランドを新たに立ち上げて、より就活生の目線に立った就職情報サービスを開始しました。
 インターンシップや企業研究、日経のニュースをはじめとする良質なコンテンツやイベントなど、さまざまな情報・体験の機会を通じて多くの優良な企業との出会いをサポートしています。

 このほか、企業のリアルな魅力をダイレクトに伝える就職イベント「キャリタス就活フォーラム」、学生のキャリアを共に考えて就職先の企業を紹介する「キャリタス就活エージェント」、企業の求人票やインターンシップ情報を大学サイトに公開するオリジナルのクラウドサービス「キャリタスUC」を立ち上げ、大学のキャリアセンターから企業への就職まで、一気通貫の新卒採用事業としてサービスを強化したところです。
より就活生の目線に立った情報サービスを目指す

より就活生の目線に立った情報サービスを目指す

●「キャリタス就活2018」ウェブサイト

人材不足、人手不足に悩む採用担当者が多くなっていますが、現在の人材市場では何が課題となっているのでしょうか。

 リーマン・ショックの時は、大手・中小を問わず、企業は新卒採用を大幅に抑制しました。そのため、若手の人材が極端に薄くなり、これを補充する動きが活発になっています。

 特に最近は景気が上向いたこともあり、採用意欲は非常に旺盛です。仮に2020年の東京五輪・パラリンピック後に景気が多少悪化したとしても、人口動態では少子化がさらに進行していますので、若年者人口が少なくなっているという構造的な問題から若い人材が採用し難い環境はこれからも続くと考えています。
 当社は大学の入試広報支援も事業としていますが、18歳人口は減少傾向で、今後、大学を卒業する人材は減少していくことになります。

 新卒採用では企業のより効果的な採用への要望が今後も続き、中途採用では優秀な人材の奪い合いとなり人材の流動化が進行していく傾向に人材市場は進んでいくのではないでしょうか。
 このような人材不足が慢性的になれば、日本人だけでは人材が不足する時代が来る可能性があります。そうなると日本で学ぶ外国人留学生や、海外から日本で働きたいという高い意欲を持つ人材を企業が求めていく時代になっていくでしょう。

 当社ではグローバル人材の採用のために、「ボストンキャリアフォーラム」などの就職イベントを、米西海岸、豪シドニー、英ロンドンで開催しています。これからは少子化がより進展することもあり、海外の優秀な人材の発掘を試行錯誤しつつも続けていき、また今後はアジアでのグローバル人材の採用も支援していきたいと考えています。

新卒採用スケジュールの変更などもありましたが、これまで以上に採用力を強化するためには採用担当者は何をすべきでしょうか。

 採用広報開始が12月から3月に変更されましたが、3月の就活スタートが守られているとは思えません。実際、調査をしたところ、早めにスタートをきっている企業も多数あり、すでに新しい採用スケジュールは形骸化してきているといえます。

 また、3月に広報解禁で、6月から選考開始というスケジュールは、学生にとっては企業を知るための広報期間が短すぎるという結果も出ています。企業側と大学側が話し合ってより良いタイミングを再度検討し、改めて考え直す必要があるのではないでしょうか。

 学生が参加するインターンシップでの体験は将来のキャリアを考える意味で非常に有益です。就職においても役立つでしょう。

 インターンシップの段階で「この企業は自分の目標に合っている」「働きやすい企業」と認知することができれば、短い採用広報期間だけで自分がこれから就職する企業を決めなければならない必要性がなくなります。 入社後のミスマッチを防ぐためにも、インターンシップは極めて有効な手段と言えるでしょう。

大手求人サイトにはリクナビやマイナビなどがありますが、キャリタス就活のサービスの強み、他社サービスとの差別化をどのように図っていきますか。

 これまでは、日本経済新聞社、日経HRと共同で新卒採用事業を行ってきましたが、「キャリタス」ブランドに移行することによって集めたデータベースやコンテンツの著作権の管理など、意思決定や業務進行がスムーズになりました。
30 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、2018年卒学生の4月1日時点の内定率は14.6%で、前年同期に比べ内定の前倒しが進んでいることが分かった。
ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)は、オンライン求人票システム「キャリタスUniCareer(略称:キャリタスUC)」をリニューアルした。今後、採用広報の開始にあわせ、求人情報を大学に向けて配信していく。
採用支援サービスのディスコが社長交代人事を発表

採用支援サービスのディスコが社長交代人事を発表

 採用支援サービスのディスコ(東京・文京)は12日、取締役会で社長交代人事を決定し、新社長に新留正朗氏(52歳)の就任を発表した。新留氏は1987年ディスコに入社し、98年まで大阪支社に勤務、本社採用広報事業部事業部長などを経て2010年に取締役に就任していた。なお、前社長の夏井丈俊氏は同社顧問に就任した。
採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用活動スタートが12月に変更されて今年で2年目となり、採用期間中における活動の前倒しが顕著となった。さらに、政府の要請で2016年新卒の採用からは採用期間が後ろ倒しになる可能性がある。2014年新卒の採用活動を振り返り、採用期間短縮化の影響を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

セミナー・イベント

プレスリリース