2017年8月18日

2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

 2017年上半期の転職者の平均年齢は32.1歳だったことが総合人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

 (12975)

 2017年上半期(2017年1~6月)の転職者の平均年齢は前回調査の32.5歳から0.4歳マイナスとなる32.1歳となった。ここ2年、転職年齢は上昇傾向にあったが、今回の調査でトレンドに変化が出た。

 男女別でも、男性は前回から0.2歳マイナスの32.8歳、女性は0.2歳マイナスの29.7歳と、ともに平均年齢が下がった。

 転職成功者の内訳を年代別に見てみると、最も割合が高いのは「25~29歳」の37.9%で、次いで「30~34歳」の23.5%、「40歳以上」の15.7%が続いた。

 前回調査と比べると「24歳以下」が0.5ポイント増、「25~29歳」が2.1ポイント増と、それぞれ割合を伸ばした。一方、「30~34歳」が1.6ポイント減、「35~39歳」が0.3ポイント減、「40歳以上」が0.5ポイント減と、30代以上の区分ではいずれも割合を下げた。

 職種別では、10職種の中で平均年齢が上昇したのは「クリエイティブ系」の1職種のみ。「事務・アシスタント系」と「企画・管理系」は前回と同じで、そのほかの7職種では前回からダウンする結果となった。

 「クリエイティブ系」の平均年齢は前回比0.5歳プラスの31.9歳で、2007年下半期の調査開始から過去2番目に高くなった。

 Webサービスや自社サイトを展開する事業会社の中では、制作や改善スピードの向上、品質担保などを重視して、これまで外注していたWebのデザインや開発を内製化する動きが盛んに進んでいる。
 また、メーカーや小売・アパレル業界の企業の多くは、オンラインショップなど実店舗以外での販売チャネルの拡充にも注力しており、WebディレクターやWebプロデューサーなど高い専門性を持つ人材を求める傾向が強まっている。

 クリエイティブ系職種では、幅広い年代で経験者採用が進んでおり、それが転職年齢を押し上げる要因となった。

 前回からの下降幅が特に大きかったのは、平均年齢が33.1歳の「技術系(IT/通信)」と32.3歳の「技術系(医療/化学)」(ともに前回比マイナス0.6歳)、35.8歳の「技術系(建築/土木)」(同マイナス0.5歳)の3職種だった。

 AIやIoT、ビッグデータの活用など、テクノロジーを用いた新しいビジネスモデルや業務の効率化を進めるIT/通信業界や、自動車・半導体業界の好調を受けて開発ニーズが堅調な化学系メーカーなどでは、慢性的なエンジニア不足が続いている。

 また、大規模インフラの老朽化対策や既存物件のメンテナンス、リフォームなどの需要が続く建築・土木業界では、業界全体としての人材不足感に歯止めが掛かっていない。そのため、これまでは経験者中心の採用を行っていた企業などでも、若手や未経験者採用に乗り出すケースが増え始めており、技術系職種では転職者の年齢低下が進んだ。

 調査は、2007年7月~2017年6月の間に、DODAエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソンを対象に実施し、約13万人の有効回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

 20代が選ぶ転職したい会社の1位はトヨタ自動車、2位はグーグル、3位はソニーとなっていることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

 待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇していることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース