2016年12月2日

ダイバーシティ最前線 動き始めたLGBTへの取り組み

LGBTと呼ばれる性的少数者に対するダイバーシティの推進が官民で始まっている。大手企業を中心に社内規定を見直す動きも相次いでいるが、性的少数者が働きやすい環境を整備するために重要なのが、LGBTに対する偏見をなくし、職場の理解と啓発を促す活動だ。企業の取り組みを取材した。

 (10904)

LGBTへの対応は欧米企業ではダイバー シティマネジメントの一つ

 LGBTはレズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性同一性障害者を含む)の頭文字を取った言葉だ。

 国連などでは、性的指向(人の恋愛感情や性的関心がいずれかに向かうかの指向)、性自認(自分がどの性別にあるのか、その人が自認する性別)を主な要素としている。
 欧米企業では人種、国籍、性別などと並んで多様な価値観、文化を包摂するダイバーシティマネジメントの一つとして捉えられている。

 だが、日本での最大の問題は職場でのLGBTに対する認知度が低いことだ。電通ダイバーシティ・ラボが全国約7万人を対象にした調査結果では、自分が性的少数者であると認識している人は7.6%(約13人に1人)にのぼる。
 人種・民族を問わず左利きの人は10%いると言われるが、それをイメージすると身近に存在することがわかる。従業員1万人規模の製造業であれば、性的少数者の数は一つの工場の従業員規模に匹敵する。

 顕在化しないまでも性的少数者に対する認知度の低さや無理解による周囲の言動が仕事に対する意欲を失わせ、精神的に追いつめている可能性もある。

東京五輪スポンサー企業がLGBTの取り組みを開始

 その中で2015年4月に施行された東京都渋谷区の「同性パートナーシップ条例」と、同性カップルに相当する関係と認める「パートナーシップ証明書」の発行が話題を呼び、徐々に関心が高まりつつある。

 また、2014年12月に国際オリンピック委員会が五輪憲章に「性的指向を理由とする差別の禁止」を盛り込んだことも日本に影響を与えた。

 2020年には東京五輪・パラリンピックを控えている。最高位スポンサーであるパナソニックも五輪憲章を踏まえて福利厚生の対象を同性パートナーに拡大するなど全社的なLGBTの取り組みを開始している。
 NTTグループもダイバーシティ推進に性的指向・性自認を明記。同性パートナーに「結婚休暇」「忌引休暇」「慶弔金」などを適用。性的マイノリティに関する情報のイントラネットへの掲載や意識啓発のためのコンテンツ制作を行う予定だ。

 楽天も9月から性的少数者に配慮した対応を始める。具体的には同性パートナーを配偶者と認めた見舞金などの福利厚生の対象にするほか、家族カードの発行や同性パートナーを死亡保険金の受取人にすることを可能にするようにする。

 また、社内規程を改定し、性的指向や性自認による差別をしないことを明示することにしている。

LGBTへの対応が商品・サービス販売にも影響

LGBTをサポートしている企業の商品・サービスを積極的...

LGBTをサポートしている企業の商品・サービスを積極的に利用するか

(出所)電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」

男女雇用機会均等法の「セクハラ指針」にも明示

 政治も動き出している。2015年3月には自民・公明を含む超党派の「LGBTに関する課題を考える議員連盟」(LGBT議連)が発足。

 旧民主党が発表した「性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の措置に関する法律案(骨子案)」を参考に法案を作成し、国会で成立させるべく議論を始めている。

 その中で6月27日、新たな施策も動き出した。男女雇用機会均等法11条に基づく「事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき処置についての指針」、通称「セクハラ指針」に「性的指向・性自認に関するいじめ・嫌がらせ等」が盛り込まれた(施行は2017年1月1日)。
 セクハラ指針では性的指向・性自認を問わずセクハラになると解釈されていたが、周知徹底されていないことから明示することにしたものだ。

 これを機に企業の社内規程の見直しが進むことが期待され、被害を受けた性的少数者が都道府県労働局の雇用環境・均等部(雇用均等室)に相談しやすくなる効果もある。

社内規定を見直す動きが相次いでいる

LGBTに関する企業の最近の動き

LGBTに関する企業の最近の動き

29 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

60歳定年を迎えた人の82.9%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の82.9%が継続雇用されたことが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

溝上憲文 溝上憲文

セミナー・イベント

プレスリリース