2011年6月6日

採用人数減少で見直し進む採用手法

不況が長引き、中途採用における企業の厳選採用が定着してきたことで、人材採用の手法に大きな変化が生じてきている。今後、どのような採用手法が最適となるのだろうか。企業が求めている人材の動向と、それに伴う採用方法の変化を調べた。

 (7013)

企業が求める人材は収益に直結する即戦力人材

 企業の人材採用の方法が変質してきている。企業の採用は、長引く不況で採用人数は極端に減少。厳選採用が浸透し、求める人材はポテンシャルからより即戦力重視へと変化した。
 本誌が採用担当者を対象に行った「2011年企業の中途採用動向調査」では、中途採用で拡充したい人材は、「営業職」(54%)、「技術・研究職」(42%)が上位を占め、それ以外の「経営・企画」「マーケティング」「財務経理」「法務・人事・総務」「IT・システム」「その他」は、すべて15%以下となっている。
 採用理由は、「事業・組織の強化」(62%)、「欠員の補充」(58%)、「専門性が高い人材の確保」(54%)が上位を占めている。まさに、「営業職」「技術・研究職」といった「企業の収益に直結する専門性が高い即戦力人材の採用で、事業・組織を強化しようとする」企業の採用動向がうかがえる。
 だが、即戦力人材の採用は容易ではない。こうした状況を裏付けるように、採用の課題として、「採用条件を満たす人材が見つからない」(62%)を挙げる企業が最も多かった。

中堅層の即戦力人材で人材紹介会社の利用が進む

 「企業の収益に直結する専門性が高い即戦力人材の採用で、事業・組織を強化しようとする」という採用ニーズが明らかになったわけだが、こうした人材を採用するために企業の採用手法は大きく変化してきている。
 求人数の減少とともに求人サイトの広告価格は、一時最低価格が10万円台にまで下落した。価格下落の原因は、単に求人需要が減少したというだけではない。様々な原因が考えられるが、企業が求める即戦力人材を、求人サイトでは集めにくくなっていることが要因の1つとなっている。
 大手企業の中途採用では、企業のウェブサイトから直接、応募する人材が増えており、求人サイトを利用する意味が薄れつつある。また、求める人材像に見合わない応募者が集まりすぎるという悩みもある。
 「限られた採用担当者で、大量の応募書類の中から候補となる人材を見落とさないように集中して目を通すだけでも大変な負担となっている」(大手アウトソーシング会社人事部長)
 中小企業では、求人サイト内の情報に埋もれてしまうため採用情報の露出が少ない上に、限られたスペースでは知名度やブランディングで劣る中小企業の魅力を十分に伝えることができないため、優秀な人材が集まり難い状況にある。こうした理由から、今後、かつての価格帯まで戻す可能性は低いと思われる。
 一方で、難しい求人案件については人材紹介会社を活用する企業が増えてきている。
 「事業のキーマンをピンポイントで探す場合は、競合他社に情報を知られたくないので、人材紹介会社を利用する。事業部門からも求人広告ではなく、人材紹介会社を利用してほしいという要望を受けている」(IT企業人事課長)
 中途採用で求める人材については、若手ポテンシャル層は求人サイト、中堅層の即戦力は人材紹介と人材サービスの使い分けが一層進んできている。
25 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が中小企業を中心とする会員企業を対象に実施した「生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査」によると、人材確保の困難さが生産性向上のボトルネックとなっている実態が明らかとなった。
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

 2016年12月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比21.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

 11月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.6%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース