2017年9月15日

人材派遣 実稼働者数の全地域平均は前年同期比110%超 大都市圏で高水準

 人材派遣の実稼動者数の前年同期比が2期連続ですべての地域で100%を上回ったことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。南関東、東海、近畿の大都市圏では110%を超えて高い水準となっている。

 (13123)

 2017年4~6月期の派遣社員の実稼動者数(月平均)は前年同期比111.0%の34万3260人で、16四半期連続で前年同期を上回り、2008年の調査開始以降初めて増加率が10%を超えた。

 派遣社員の実稼動者数の前年同月比を地域別に見ると、北海道(108.7%)、東北(102.9%)、南関東(112.0%)、北関東・甲信(111.9%)、北陸(105.1%)、東海(110.8%)、近畿(112.3%)、中国(106.3%)、四国(104.9%)、九州(106.9%)となり、すべての地域で前年同期と比べ増加した。

 業務別に見ると、情報処理システム開発(127.1%)、機器操作(104.1%)、財務(94.6%)、貿易(120.3%)、一般事務(103.3%)、営業(88.7%)、販売(95.4%)、製造(116.0%)、軽作業(106.3%)だった。

 紹介予定派遣の実稼働者数(月平均)は前年同期比91.8%の5550人で、8四半期連続の減少となった。

 日雇派遣労働者数(月平均)は前年同期比98.0%の8万2865人で、5四半期連続での増加から一転して減少となった。

 調査は、労働者派遣事業を行う全国の498事業所を対象に実施した。

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

派遣スタッフ平均時給1628円、前年同月比、前月比ともにマイナス リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1628円、前年同月比、前月比ともにマイナス リクルート調べ

 8月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比0.8%減の1628円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前月比は7円減、0.4%減だった。
派遣スタッフ平均時給1635円、前年同月比2カ月連続でマイナス リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1635円、前年同月比2カ月連続でマイナス リクルート調べ

 7月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比0.7%減の1635円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。
派遣スタッフ平均時給1620円、東海のみ前年同月比・前月比ともに増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1620円、東海のみ前年同月比・前月比ともに増加 リクルート調べ

 6月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比0.4%減の1620円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。
派遣スタッフ平均時給1616円、関東・関西では減少、東海は増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1616円、関東・関西では減少、東海は増加 リクルート調べ

 5月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比増減なしの1616円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。
人材派遣 実稼働者数がすべての地域で前年同期と比べ増加

人材派遣 実稼働者数がすべての地域で前年同期と比べ増加

 人材派遣の実稼動者数の前年同期比がすべての地域で100%を上回ったことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース