2017年1月26日

12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

 2016年12月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比21.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

 (11335)

 12月分の求人広告掲載件数等集計結果によると、求人メディア全体の広告掲載件数は前年同月比21.1%増の110万6692件で、9カ月連続の増加。前月比は13.3%減だった。

 11月は前年同月比0.6%増に留まったが、12月は16年5月以来の20%を超える増加となった。

 メディア別に前年同月と比べると、有料求人情報誌3万2776件(6.1%増)、フリーペーパー29万2229件(20.5%増)、折込求人紙5万4382件(9.3%増)、求人サイト72万7305件(23.1%増)。

 有料求人情報誌、フリーペーパー、折込求人紙がプラスに転じ、求人サイトも引き続き堅調だ。

 地域別に前年同月と比べると、北海道・東北3万3627件(10.8%増)、関東・甲信越12万392件(21.8%増)、中部・北陸5万9873件(26.1%増)、近畿6万6600件(10.8%増)、中国・四国3万802件(14.8%増)、九州・沖縄6万8016件(14.1%増)となった。

 全ての地域で前年同月を下回った11月から一転して、全ての地域で前年同月を上回った。

 また、同協会が会員求人メディアの営業担当者や編集担当者123人から回答を得たウォッチャー調査(調査期間:16年12月26日~17年1月10日)によると、12月時点の企業の求人意欲は、正社員、アルバイト・パート、派遣・業務請負のいずれも3カ月前(16年9月時点)に比べると減少しているものの、高い水準を保っている。

 一方、求人意欲の先行き(3カ月後の求人意欲)を見ると、「高くなる」もしくは「やや高くなる」と回答している割合が、正社員は77.2%、アルバイト・パートは82.9%、派遣・業務請負は74.08%となっており、高い採用意欲が継続すると見込まれている。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

 11月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.6%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

 10月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比17.8%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
5月の有効求人倍率1.49倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

5月の有効求人倍率1.49倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

 厚生労働省が発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.49倍で、前月を0.01ポイント上回り、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新した。
主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

 上場人材各社の通期決算が出そろった。有効求人倍率(季節調整値)が1990年以降で最高値を記録し、また完全失業率も2.8%と低水準となったことから、人手不足を背景とした多くの需要が寄せられ、人材サービスに関連する市場は全体として拡大傾向で推移している。
4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

 厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.48倍で、前月を0.03ポイント上回り、1990年以降で最高値を記録した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース