2016年4月8日

労働者派遣事業の売り上げが6年ぶりに増加

 2014年度の労働者派遣事業の売り上げが6年ぶりに増加したことが、厚生労働省がまとめた労働者派遣事業報告の集計結果で分かった。

 (819)

 2014年度の労働者派遣事業の年間売上高は5兆4394億円(前年度比6.6%増)で、6年ぶりに増加した。一般労働者派遣事業が3兆9056億円(同8.8%増)、特定労働者派遣事業が1兆5338億円(同1.3%増)だった。

 派遣料金(8時間換算)は、一般労働者派遣事業が1万7282円(前年度比1.6%増)、特定労働者派遣事業が2万4062円(同1.6%増)。

 派遣労働者の賃金(8時間換算)は、一般労働者派遣事業が1万1840円(前年度比1.3%増)、特定労働者派遣事業が1万5408円(同0.5%減)となっている。

 派遣労働者は前年度比4.6%増の263.1万人で、2年続けての増加。派遣労働者の内訳は、一般労働者派遣事業の「常時雇用労働者」が55.2万人(前年度比5.4%増)、「登録者」が179.9万人(同4.8%増)、特定労働者派遣事業の「常時雇用労働者」が27.9万人(同1.4%増)となっている。

 派遣先件数は82.9万件(前年度比1.4%増)となり、3年連続で増加した。一般労働者派遣事業が71.5万件(同1.6%増)、特定労働者派遣事業が11.4万件(同0.4%増)ともに増加している。

 集計結果は、一般労働者派遣事業1万7735事業所、特定労働者派遣事業5万6874事業所の状況をまとめた。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

派遣先担当者の5割超は、“派遣社員の評価は難しい“

派遣先担当者の5割超は、“派遣社員の評価は難しい“

  派遣社員の評価は“必要”と考える派遣先担当者は7割を超えるものの、その評価は難しいとする人は半数を超えていることが、人材サービス産業協議会の調査で分かった。
派遣スタッフ平均時給1626円、オフィスワーク系は過去最高値更新 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1626円、オフィスワーク系は過去最高値更新 リクルート調べ

 4月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比0.4%減(6円減)の1626円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。
派遣スタッフ平均時給1599円、5カ月連続で減少 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1599円、5カ月連続で減少 リクルート調べ

 3月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比2.4%減(39円減)の1599円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前年同月比で5カ月連続の減少となった。
派遣スタッフ平均時給1614円、4カ月連続で減少 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1614円、4カ月連続で減少 リクルート調べ

 2月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は前年同月比0.8%減となる1614円であることが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。前年同月比は4カ月連続で減少となった。
非正規労働者の待遇改善へ新たな規制強化で労使対立 均等処遇や正社員転換を規定する法改正もあり得る

非正規労働者の待遇改善へ新たな規制強化で労使対立 均等処遇や正社員転換を規定する法改正もあり得る

年末にかけて非正規労働者に関する雇用政策の議論が本格化する。論点は、非正規労働者の雇用の安定と待遇の改善だ。今後の労働市場、企業の人材マネジメントや日本人の働き方に大きな影響を与えることになる議論の行方が注目される。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース