2018年10月25日

大卒の約3割が3年以内に離職 宿泊・飲食業で約5割と最多

 2015年3月大卒者の約3割が就職後3年以内に離職していることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」で明らかになった。

 (22769)

 2015年3月卒の新規大学卒就職者の就職後3年以内離職率は前年比0.4ポイント減となる31.8%だった。

 大卒以外の3年後離職率は、短大卒41.5%(前年比0.2ポイント増)、高卒39.3%(同1.5ポイント減)、中卒64.1%(同3.6ポイント減)となった。

 新規大学卒就職者の離職率を事業所規模別にみると、従業員1000人以上で24.2%、500~999人で29.6%、100~499人で31.9%と続き、規模が小さくなるほど離職率が高くなる。
 
 産業別にみると、「宿泊業、飲食サービス業」(49.7%)、「教育、学習支援業」(46.2%)、「生活関連サービス業、娯楽業」(45.0%)の3産業で4割を超えた。

 一方、全体平均を下回っているのが、「電気・ガス・熱供給・水道業」(10.8%)、「鉱業、採石業、砂利採取業」(12.4%)、「製造業」(19.5%)、「金融・保険業」(21.7%)、「複合サービス事業」(25.3%)など17業種中9業種となった。

【2015年3月大卒の3年後離職率】
1位 宿泊業、飲食サービス業 49.7%
2位 教育、学習支援業 46.2%
3位 生活関連サービス業、娯楽業 45.0%
4位 医療、福祉 37.8%
5位 小売業 37.7%
6位 サービス業(他に分類されないもの) 35.3%
7位 不動産業、物品賃貸業 33.6%
8位 学術研究、専門・技術サービス業 32.5%
9位 卸売業 29.5%
10位 建設業 28.9%
11位 情報通信業 28.0%
12位 運輸業、郵便業 25.6%
13位 複合サービス事業 25.3%
14位 金融・保険業 21.7%
15位 製造業 19.5%
16位 鉱業、採石業、砂利採取業 12.4%
17位 電気・ガス・熱供給・水道業 10.8%

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

 2014年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

大卒の3割以上が3年以内に退職 宿泊・飲食業では5割超

 2013年3月大卒者の3割以上が3年以内に入社した企業を辞めていることが、厚生労働省が発表した「新規学卒者の離職状況」から明らかになった。
再就職援助計画の認定事業所数は109事業所、離職者数は前年比1000人超の減少

再就職援助計画の認定事業所数は109事業所、離職者数は前年比1000人超の減少

 厚生労働省の集計によると、2018年度第2四半期(7~9月)の「再就職援助計画」の認定事業所数は前年同期比36事業所減となる109事業所となったことが明らかとなった。
社員の活躍を可視化・共有し、定着率や生産性の向上を支援 チームパフォーマンスアプリ「RECOG」

社員の活躍を可視化・共有し、定着率や生産性の向上を支援 チームパフォーマンスアプリ「RECOG」

今、「褒める文化」が組織の活性化や人材育成、さらには働き方改革を推進できるということで社内への浸透を図る企業が増えているという。だが、いざ称賛の気持ちを伝えるのは難しいもの。もっと気軽に、そして簡単に社員同士が称え合える仕組みがないだろうか。「RECOG(レコグ)」は、そんな想いを叶えるために開発された新たなサービスだ。
2017年の希望・早期退職募集が5年ぶりに前年増、 事業の“攻め”の構造改革進む

2017年の希望・早期退職募集が5年ぶりに前年増、 事業の“攻め”の構造改革進む

 東京商工リサーチの調査によると、2017年に希望・早期退職者を募集した上場企業は25社で、5年ぶりに前年を上回ったことが分かった。
昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

 東京商工リサーチの調査によると、2016年に希望・早期退職者を募集した上場企業は2000年以降で最も少なかったことが分かった。募集人数が最も多かったのは東芝の3449人。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。
昨年の希望・早期退職募集 シャープの3500人が最多

昨年の希望・早期退職募集 シャープの3500人が最多

 東京商工リサーチの調査によると、2015年に希望・早期退職者を募集した上場企業は2000年以降で最も少なかったことが分かった。募集人数が最も多かったのはシャープの3500人。
【著者が語る】A&R新卒採用マニュアル

【著者が語る】A&R新卒採用マニュアル

ヒューマネージ 齋藤亮三 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース