2018年11月27日

最新のテレワーク事情

11月は政府と産業界が後押しする「テレワーク月間」であったが、知らない人も多いのではないか。そもそもテレワーク自体を知らない人も少なくない。今回はテレワークの最新事情を解説する。(文・溝上憲文編集委員)

 (23056)

働き方改革の一環として推奨

 テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことだが、働く場所による区分で①在宅勤務、②移動中などのモバイルワーク、③サテライトオフィス勤務――の3つを指す。

 政府は働き方改革の一環として時間や空間の制約にとらわれることなく働くことができるため、子育て、介護と仕事の両立の手段となり、多様な人材の能力開発発揮が可能になると言って推奨している。

テレワーク制度の知名度は低く、導入にも消極的

 2020年にテレワーク制度導入企業34.5%、雇用型テレワーカー15.4%の達成を政府は目指しているが、政府のかけ声とは反対に導入企業や利用者は少ない。

 エン・ジャパンの「テレワーク実態調査」(2018年6月18日、8341人)によると、「テレワークという働き方を知っている人」は40%と半分もいない。20代は31%にすぎない。また、勤務先にテレワーク制度があると答えた人は17%、テレワーク制度を使って働いたことがある人は4%にすぎない。

 なぜ会社はテレワークの導入に消極的なのか。大手医療機器メーカーの人事担当役員は時期尚早だと語る。

◆◆◆記事の続きはこちら◆◆◆

◆◆◆記事の続きはこちら◆◆◆
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

 テレワークを導入している企業は13.9%に上ったことが、総務省の「通信利用動向調査」で明らかとなった。具体的な導入予定があるのは4.3%となっている。
2018年重要テーマ 分野別サービス紹介

2018年重要テーマ 分野別サービス紹介

2018年に注目される人事担当者にとって特に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。
勤務先にテレワーク制度がある割合は1割程度

勤務先にテレワーク制度がある割合は1割程度

 勤務先にテレワーク制度等があると回答した割合は雇用者全体のうち1割程度で、このうち半数はテレワーク制度を利用しており、そのうち7割がプラス効果を実感しているという実態が、国土交通省の「テレワーク人口実態調査」でわかった。
テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

近年、在宅勤務などテレワークを導入する企業が増えている。政府の「働き方改革実行計画」でも柔軟な働き方としてテレワークの普及を加速させていくことを掲げている。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

溝上憲文 溝上憲文

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース