2017年9月21日

従業員10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上はOJTの経験なし

  従業員10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上がOJTの経験がないと回答していることが労働政策研究・研修機構の「人材育成と野力開発の現状と課題に関する調査」で分かった。OFF-JTを受講した従業員は全体の1割台にとどまった。

 (13170)

 仕事をする中での人材育成や能力開発の方策(OJT)を経験したことがないと回答している人は22.6%となった。従業員規模別にみると、「9人以下」では最も高く34.2%、次いで「30~99人」で27.5%、「10~29人」で27.4%となった。最も低い「300人以上」では18.1%にとどまった。

 経験した施策を雇用形態別にみると、正社員は「とにかく実践させてもらい、経験させられた」(35.1%)の回答割合が最も高く、次いで「仕事のやり方を実際に見せてもらった」(31.6% )、「会社の理念や創業者の考え方を教えられた」(27.7%)などの順で割合が高かった。

 一方、パートタイマー・アルバイトでは「仕事のやり方を実際に見せてもらった」(44.2%)が最も高く、次いで「とにかく実践させてもらい、経験させられた」(41.3%)、「仕事を行う上での心構えを示された」(29.0%)などが続いた。

 「これらのなかで経験したことがあるものはない」の割合は契約社員で28.4%と最も高くなっている。

 また、小さい規模ほど、特に「会社の人材育成方針について説明があった」、「業務に関するマニュアルが配布された」などの回答割合が低かった。

 通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練・研修(OFF-JT)を受講したか聞くと、「受講した」は正社員が16.5%、契約社員が14.6%、パートタイマー・アルバイトが7.8%となった。従業員規模別にみると、30人未満の会社に勤務する従業員は9割以上が受講していなかった。
 企業を対象に、取り組んだOJTの取り組みを聞くと(複数回答)、「とにかく実践させ、経験させる」(59.5%)の回答割合が最も高い。

 次いで「仕事のやり方を実際に見せている」(55.2%)、「仕事について相談に乗ったり、助言している」(50.8%)、「仕事を行う上での心構えを示している」(46.7%)、「身につけるべき知識や能力を示している」(38.7%)などの順で割合が高かった。

 規模別にみると、「とにかく実践させ、経験させる」、「仕事のやり方を実際に見せている」などの取り組みは規模の小さい企業でも回答割合が高いものの、「会社の理念や創業者の考え方を理解させる」、「業務に関するマニュアルを配布している」などの取り組みは規模の大きい企業に比べ規模の小さい企業での回答割合が低い。

 従業員の能力開発・向上を図るため、業務命令に基づき、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練・研修(OFF-JT)を実施したか聞くと、「実施した」が39.9%で、「実施しなかった」が59.2%だった。

 規模別にみると、実施した企業の割合は「9人以下」では22.8%にとどまった。一方、「100~299人」(71.9%)と「300人以上」(79.1%)では7割以上となっており、規模が大きくなるほど高かった。

 業種別にみると、「教育、学習支援業」(50.4%)、「医療、福祉」(51.3%)、「複合サービス事業」(59.2%)で実施した企業の割合が高く、実施割合が5割以上となっている。

 労働者調査は、2016年11月10日~15日、全国の18~65歳の正社員、直接雇用の契約社員・嘱託、パート、アルバイトを対象にインターネットで実施し、1万人の回答を得た。

 企業調査は、2016年9月16日~10月5日、従業員数5人以上の企業2万社を対象に郵送で実施し、6852件の有効回答を得た。(調査時点は9月1日現在)

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース