2017年2月7日

バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

 外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)が日本の最新雇用動向とバイリンガルの職種・業種別給与水準をまとめた「給与調査2017」を発表した。人材不足が継続し、多くの産業・職種で給与増を予想している。

 (11579)

 ロバート・ウォルターズは、多くの企業がバイリンガルプロフェッショナルのような少ない人材をめぐって獲得競争を繰り広げ、2016年と同様な人材不足が2017年も続くと予想している。
 国内で特に需要の高いスキルに、営業プロフェッショナル、エンジニア、ITプロフェッショナル、HRプロフェッショナルを挙げ、「セキュリティ/リスク関連の IT プロフェッショナル」「シニアレベルの営業プロフェッショナル・アカウントマネジャー」は20%以上の昇給、「ファクトリー/プラント・マネジャー」「セールス・マネジャー(化学業界)」は最大20%の昇給、「HR マネジャー/ディレクター」「ファンド・マネジャー」は最大10%の昇給が見込まれると分析している。
 人材を確保するためにロバート・ウォルターズは「採用担当者は優秀な人材を確保するため競争力のある給与水準に加え、キャリアアップなど金銭以外のメリットを提示する必要がある」と指摘している。
 主な産業・職種別の給与調査の結果は次の通り。

IT

データサイエンティスト、製薬/製造/フィンテック/クラウド分野の営業、マーケティング担当およびエンジニアに対する需要が堅調。給与水準は、セキュリティ/リスク関連ITプロフェッショナルを中心に上昇(最大25%増)

商工業

再生可能エネルギー分野、自動車分野のエンジニア、高性能な電子材料を取り扱う化学分野の人材需要が堅調。サプライチェーン、調達プロフェッショナルに対する採用要件が複雑化。給与水準は、営業スペシャリスト/エンジニアを中心に上昇(最大20%増)。

ヘルスケア(医療機器、製薬)

中枢神経系、癌、免疫、稀少疾患、メディカルアフェアーズ領域のプロフェッショナルに対する需要が堅調。関西では医療品開発・販売業務受託機関の技術系人材、医療情報担当者(MR)、営業担当に引き合い。医師などの専門家、 製品開発(R&D)、薬事(RA)、品質保証(QA)のスペシャリストの給与水準が上昇 (最大20%増)。

小売&消費財/サービス

バイリンガルの営業、マーケティング人材、デジタルマーケティングスペシャリスト(企業内、広告代理店)、オンライン事業(Eコマース)向けITエンジニア、エンターテインメント、旅行、ホスピタリティ分野のプロフェッショナル(東京五輪関連)の採用需要が堅調。ジェネラルマネジャー、プロダクトマネジャー、セールスマネジャーの給与水準が上昇(最大20%増)。

会計&財務

FP&Aスペシャリスト、会計スキル(公認会計士)の需要が堅調。FP&Aスペシャリストの給与水準が上昇(最大15%増)。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

関西企業の人材採用最新事情 事業構造改革で専門職種の採用活発化

関西企業の人材採用最新事情 事業構造改革で専門職種の採用活発化

関西企業で事業成長を目指すための専門職種の人材採用が活発になっている。特に人材不足が顕著になっているのがエネルギー・自動車関連分野のエンジニアや事業担当者、そしてグローバル人材だ。
最低賃金は平均25円引き上げ、全都道府県で20円増を超える

最低賃金は平均25円引き上げ、全都道府県で20円増を超える

 全国最低賃金の引き上げ額の平均は25円で、比較できる2002年以降で最高額となる引き上げとなったことが、中央最低賃金審議会から厚生労働省に答申された。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合は3割弱、前年比0.9ポイント減

前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合は3割弱、前年比0.9ポイント減

 2017年4~6月に転職を決めた人のうち前職と比べて1割以上賃金が増加した人は28.1%だったことが、リクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)の「転職時の賃金変動状況」の調査で分かった。
5月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.7%増

5月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.7%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%増となったことが、厚生労働省が発表した17年5月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース