2017年2月6日

ヒューマンリソシア 外国人ITエンジニア「日本語力育成プログラム」を導入

 人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を拡大するため、「日本語力育成プログラム」を導入した。2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用し、国内企業に派遣する計画だ。

 (11522)

 ヒューマンリソシアは企業のIT人材需要に対応するため、先端分野で学習・研究・実務経験があるITエンジニアを世界各国から採用して企業に派遣する「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を2016年7月から本格的に開始している。

 就業前に日本語レベルを引き上げ、受け入れ企業が抱く日本語によるコミュニケーション不安を軽減させるとともに、外国人ITエンジニアの新しい職場環境への定着を促進させることを目的に、2月から「日本語力育成プログラム」を導入した。

 プログラムは IT技術者のビジネスシーンを想定した独自のカリキュラムで、「聞く」「話す」を中心とした技術者間でのコミュニケーションを重視している。育成は約30年にわたる日本語教育の実績を持つ「ヒューマンアカデミー日本語学校」が担当する。
 
 高い技術力を持つ外国人エンジニアの日本語力を強化し、国内での就業をサポートすることで、外国人材の採用規模を拡大し、 2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用して国内企業に派遣する計画だ。

ヒューマンリソシア 「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヒューマンリソシア 「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
御旅屋 貢 代表取締役

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【IT/ゲーム分野の中途採用】プログラマー、デザイナー、企画職の採用で高止まり続く

【IT/ゲーム分野の中途採用】プログラマー、デザイナー、企画職の採用で高止まり続く

キャリアビジョン 小松 将義 リクルーティングコンサルタント
【製造/自動車分野の中途採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

【製造/自動車分野の中途採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

ビジネスキャリア マネジメント 瀧田 淳雄  シニアコンサルタント
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部  五島浩徳会長

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部 五島浩徳会長

ITと事業活動が密接になる中で従来の仕組みや考え方だけでは対応が難しい局面が多くなっている。ITマネジメントの専門家であるISACA東京支部会長の五島浩徳氏に、堅牢で継続可能な組織運営に向けて企業に求められている視点や人事を含む管理層の役割などを聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース