2017年2月6日

ヒューマンリソシア 外国人ITエンジニア「日本語力育成プログラム」を導入

 人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を拡大するため、「日本語力育成プログラム」を導入した。2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用し、国内企業に派遣する計画だ。

 (11522)

 ヒューマンリソシアは企業のIT人材需要に対応するため、先端分野で学習・研究・実務経験があるITエンジニアを世界各国から採用して企業に派遣する「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を2016年7月から本格的に開始している。

 就業前に日本語レベルを引き上げ、受け入れ企業が抱く日本語によるコミュニケーション不安を軽減させるとともに、外国人ITエンジニアの新しい職場環境への定着を促進させることを目的に、2月から「日本語力育成プログラム」を導入した。

 プログラムは IT技術者のビジネスシーンを想定した独自のカリキュラムで、「聞く」「話す」を中心とした技術者間でのコミュニケーションを重視している。育成は約30年にわたる日本語教育の実績を持つ「ヒューマンアカデミー日本語学校」が担当する。
 
 高い技術力を持つ外国人エンジニアの日本語力を強化し、国内での就業をサポートすることで、外国人材の採用規模を拡大し、 2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用して国内企業に派遣する計画だ。

ヒューマンリソシア 「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヒューマンリソシア 「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
御旅屋 貢 代表取締役

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

ヒューマンホールディングス RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

 ヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は、6月1日から定型的な業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を全社で本格導入する。ノウハウを有する人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)がグループ全社に対しRPA教育の機会を設け、必要に応じて導入支援、シナリオ作成サポートも行う。
【建設技術者の中途採用】建設プロジェクトの増加でBIMオペレーターの需要が高まる

【建設技術者の中途採用】建設プロジェクトの増加でBIMオペレーターの需要が高まる

ヒューマンリソシア 高橋 哲雄 コンストラクション営業統括本部 統括本部長
【ITエンジニアの中途採用】人材不足で海外からの応募も積極的に受け入れる企業が増加傾向

【ITエンジニアの中途採用】人材不足で海外からの応募も積極的に受け入れる企業が増加傾向

スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ マーク・スミス 代表取締役社長
ヒューマンリソシア 名古屋グランパスエイトとクラブパートナー契約を締結

ヒューマンリソシア 名古屋グランパスエイトとクラブパートナー契約を締結

 ヒューマングループで人材サービスを行うヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、Jリーグ「名古屋グランパスエイト」とクラブパートナー契約を締結した。
【技術の人材派遣動向】建設業界は引き続き売り手市場、BIMオペレーターの求人増加

【技術の人材派遣動向】建設業界は引き続き売り手市場、BIMオペレーターの求人増加

ヒューマンリソシア 高橋 哲雄 コンストラクション営業本部 本部長
ヒューマンリソシア 桑原加鶴子プレジデント 適確なマッチングの実現に向け人材育成の役割を担う時代が到来

ヒューマンリソシア 桑原加鶴子プレジデント 適確なマッチングの実現に向け人材育成の役割を担う時代が到来

人材紹介業界において、紹介人材の質低下、雇用のミスマッチが指摘されている。過熱する転職市場の影響を受け、安易な転職が繰り返されているのが現状だ。こうした事態を打開するためには、紹介会社の確かなマッチング能力が必要とされている。一方、採用する側にも優秀な人材の確保はもちろん、育成面の強化の必要性も高まっている。 「人間は一生、学ぶ生きもの」という概念の下、教育事業から創業した同社は、グループ各社と連携し、育成から転職支援まで一貫した独自のサービスを展開している。人材ビジネスが隆盛する今、確かな人材紹介を実現するための課題とは何か。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)