2017年2月6日

ヒューマンリソシア 外国人ITエンジニア「日本語力育成プログラム」を導入

 人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を拡大するため、「日本語力育成プログラム」を導入した。2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用し、国内企業に派遣する計画だ。

 (11522)

 ヒューマンリソシアは企業のIT人材需要に対応するため、先端分野で学習・研究・実務経験があるITエンジニアを世界各国から採用して企業に派遣する「外国人ITエンジニア常用雇用型派遣サービス」を2016年7月から本格的に開始している。

 就業前に日本語レベルを引き上げ、受け入れ企業が抱く日本語によるコミュニケーション不安を軽減させるとともに、外国人ITエンジニアの新しい職場環境への定着を促進させることを目的に、2月から「日本語力育成プログラム」を導入した。

 プログラムは IT技術者のビジネスシーンを想定した独自のカリキュラムで、「聞く」「話す」を中心とした技術者間でのコミュニケーションを重視している。育成は約30年にわたる日本語教育の実績を持つ「ヒューマンアカデミー日本語学校」が担当する。
 
 高い技術力を持つ外国人エンジニアの日本語力を強化し、国内での就業をサポートすることで、外国人材の採用規模を拡大し、 2019年3月末までに500人のエンジニアを雇用して国内企業に派遣する計画だ。
2 件

関連する記事

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:リクルートキャリア、ヒューマンリソシア、みらいワークス、コンコードエグゼクティブグループ、レックスアドバイザーズ】
ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ディスコ、MyRefer、インソース、ヒューマンリソシア、ステラス】
【外国人の中途採用】海外事業の地域拡大やダイバーシティ推進で求人ニーズが多様化

【外国人の中途採用】海外事業の地域拡大やダイバーシティ推進で求人ニーズが多様化

ヒューマンリソシア 廣江 隆司 人材紹介事業部 事業部長

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中