2017年10月10日

「気が利く人」が持っている5つの特徴

「気が利きますね!」こう言われたら思わず嬉しくなりますよね!気が利く人がいると、ビジネスがスムースに進むだけでなく、職場の雰囲気も明るくなります。この記事では、気が利く人の5つの特徴について解説します!気が利く人になりたければ、明日から要実践ですよ!

【特徴その1】先回りして行動している

 (20731)

気が利く人は、次に起こることを予想して、先回りして行動しているものです。

例えば、営業先での重要な商談では、必要になりそうな資料を予想し持参、時宜に応じてサッとさりげなく差し出し、助けてくれます。

【特徴その2】「どうしたの?」と声をかけてくれる

気が利く人は、困っている人を助けるのが本当に上手。

物を探している人や腕組みをして悩んでいる人を見つけると、「どうしたの?」と自然に声をかけることができます。こう聞かれると、「いや、実は……」と会話が進むもの。

気が利く人が好かれるのはコミュニケーション上手という理由もあるのです。

【特徴その3】行動が早い

気が利く人は、気づくとすぐに行動を起こします。

一方、気が利かない人は、気づいても「誰かがやってくれるだろう」と思い、決して動こうとはしません。

【特徴その4】「ありがとう」を忘れない

気が利く人は、人への配慮を決して忘れません。「ありがとう」を基本に、「助かりました」「感謝しています」など時宜に応じた感謝の言葉を常に発しています。

「ありがとう」はコミュニケーションの基本です。感謝の言葉をもらうと嫌な顔をする人はいませんよね?気が利く人が好かれる理由の一端はここにあります。

【特徴その5】会話を注意深く聞いている

例えばクレーム電話。気が利く人は、電話の内容に耳をそばだて、内容を聞き漏らさぬまいと必死です。

通話が終わるや否や、気が利く人は、「どうしたの?手伝おうか?」とすぐにサポートしてくれます。

「気が利く人」になるにはどうしたらよいか?

「気が利かない」と思っている人は、まず「【特徴その4】「ありがとう」を忘れない」を実践してはいかがでしょうか。「もうやってるよ!」という人もいるかもしれませんが、振り返ってみると案外できていないものです。

感謝の言葉は必ず相手の目を見て言いましょう。目を見ずにうつむきがちな姿勢で言うと、「この人、本当にそう思っているのかな?」と疑われることもあり、逆効果です。

気が利く人の特徴を知り、実践することで仕事もプライベートも充実させましょう!
13 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】職場の「やりづらい人」を動かす技術

【著者が語る】職場の「やりづらい人」を動かす技術

プリンシプル・コンサルティング・グループ  秋山 進 代表取締役
今職場で起きているハラスメント4選

今職場で起きているハラスメント4選

ニュースで耳にしない日のほうが少なくなった「ハラスメント」という言葉。かつては、パワハラ(パワーハラスメント)やセクハラ(セクシャルハラスメント)などに過ぎませんでしたが、今やアカハラ(アカデミックハラスメント)など多岐に渡ります。今回は、職場で今起きいる4つのハラスメントについて解説します。
職場の約1割がLGBT、抵抗を感じている人は3割超―早急なハラスメント対策が必要

職場の約1割がLGBT、抵抗を感じている人は3割超―早急なハラスメント対策が必要

職場における性的マイノリティ、いわゆる“LGBT”の存在は約1割に上っている。しかし、その存在について3人に1人が抵抗感を持っており、職場におけるハラスメント対策が早急に求められている実態が明らかになった。
企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に不可欠な要素と言えば「ヒト、モノ、カネ」。近年では、これに「情報」を加える人もいます。最初に「ヒト」が来ているように、企業経営にとっては、人材育成こそ最重要。この記事では、人が育つ職場の特徴について解説します。
先輩社員として、6月病に悩む新入社員をどう扱う?

先輩社員として、6月病に悩む新入社員をどう扱う?

「5月病」ならぬ「6月病」をご存知でしょうか。5月病と同じ症状が6月に出ることから「6月病」と呼ばれています。研修期間を長く取る企業が増えていることなどが理由で、不調を訴える時期が5月から6月にずれ込んでいます。もし、新入社員が心身に不調を来した場合、同じ職場の先輩としてどのように対処すべきでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース