2017年5月17日

2017年の東証1部上場企業の夏季ボーナスは平均72万8662円、前年と同水準

 東証第1部上場企業127社の夏季ボーナスの平均は、前年同期と同水準の72万8662円となることが、労務行政研究所の調査で明らかとなった。(2017年4月19日現在)

 (12102)

 「2017年春季交渉時に決まった夏季賞与・一時金集計」の支給水準は、全産業127社の平均で72万8662円、対前年同期比で横ばいとなった。前年同月比をみると、過去3年はプラスの傾向にあるが、上がり幅は3年連続で前年を下回り、今年は増減なしにとどまった。

【夏季賞与・一時金の推移】
2013年 66万4415円(前年同期比0.6%減)
2014年 70万5792円(同5.7%増)
2015年 73万4434円(同3.0%増)
2016年 73万4090円(同1.7%増)
2017年 72万8662円(同増減なし)

 産業別に見ると、製造業は同0.3%減、非製造業は同1.2%増と傾向が分かれた。

 産業別の製造業で最も高いのは「輸送用機器」で86万6688円、次いで「化学」82万1130円、「ガラス・土石」81万267円となった。

【製造業 夏季賞与・一時金の平均 上位5区分】
1位 輸送用機器 86万6688円
2位 化学    82万1130円
3位 ガラス・土石 81万267円
4位 電気機器  74万6239円
5位 ゴム    74万5721円

 非製造業で最も高いのは「建設」で78万円、次いで「情報・通信」77万9333円、「電力」71万3750円となった。

【非製造業 夏季賞与・一時金の平均 上位5区分】
1位 建設    78万円
2位 情報・通信 77万9333円
3位 電力    71万3750円
4位 陸運    68万3715円
5位 商業    50万5041円

 調査は、東証第1部上場企業127社を対象に、2017年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・集計した(2017年4月19日現在)。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

夏季賞与2.3%増、実質賃金は8カ月連続で増加 9月毎月勤労統計

夏季賞与2.3%増、実質賃金は8カ月連続で増加 9月毎月勤労統計

 厚生労働省が発表した今年の夏季賞与の支給状況(事業所規模5人以上)によると、前年比2.3%増となったことが分かった。
東証第1部上場企業の年末のボーナス平均額は前年比約1%アップの71万8124円

東証第1部上場企業の年末のボーナス平均額は前年比約1%アップの71万8124円

 東証第1部上場企業の2016年の年末ボーナスの平均支給額は71万8124円で、前年同期と比べると1.1%増。3年連続の増加となったものの上昇率は小幅にとどまっていることが、労務行政研究所(東京・品川、猪股宏理事長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース