2017年11月20日

10月1日現在の大学生の就職内定率75.2%、調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が75.2%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。

 (13576)

 両省の発表によると、10月1日現在の大学生の就職内定率は75.2%で前年同期を4.0ポイント上回った。10月1日現在の内定率としては1997年の調査開始以降、過去最高となった。

 リーマン・ショック後の雇用環境の悪化で内定率が最も落ち込んだ2011年3月卒の57.6%から年々回復し、2016年に若干悪化したものの、昨年はリーマン・ショック前のピークだった2009年3月卒の69.9%を超え71.2%となり、さらに今年はそれを上回る高水準となった。

 男女別に内定率を見ると、男子大学生は74.5%で前年同期比5.2ポイント増、女子は76.0%で同2.4ポイント増。文理別では、文系は74.4%で同3.0ポイント増、理系は78.6%で同7.9ポイント増となっている。

 大学の地域別では、北海道・東北72.5%(前年同期比4.0ポイント増)、関東79.8%(同0.1ポイント増)、中部72.0%(同5.7ポイント増)、近畿78.7%(同3.1ポイント増)、中国・四国が58.8%(同13.8ポイント増)、九州68.7%(7.1ポイント増)となり、全エリアで増加した。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

【新卒採用】「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

タレントアンドアセスメント 山﨑 俊明 代表取締役
大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が85.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2016年12月1日現在の状況を取りまとめた。
大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

 2017年の大卒初任給は前年比1.3%増となる20万6100円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
【新卒採用】新卒紹介やダイレクト・リクルーティングなど、採用手法の多様化進む

【新卒採用】新卒紹介やダイレクト・リクルーティングなど、採用手法の多様化進む

ベネッセi-キャリア 村嶋 孝夫 新卒事業本部 新卒ソリューション事業部 キャリアアドバイザー課 課長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース