2017年3月11日

人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

 人材派遣の実稼動者数が3年連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

 (11695)

 2016年10~12月期の派遣社員の実稼動者数(月平均)は前年同期比106.4%の33万7427人で、14四半期連続で前年同期を上回る水準となった。

 派遣社員の実稼動者数の前年同月比を地域別に見ると、北海道(99.1%)、東北(102.2%)、南関東(105.9%)、北関東・甲信(105.8%)、北陸(106.3%)、東海(108.9%)、近畿(108.8%)、中国(107.7%)、四国(103.4%)、九州(107.0%)だった。

 業務別に見ると、情報処理システム開発(99.0%)、機器操作(92.6%)、財務(90.1%)、貿易(169.4%)、一般事務(139.3%)、営業(37.1%)、販売(97.3%)、製造(109.4%)、軽作業(60.6%)だった。

 紹介予定派遣の実稼働者数(月平均)は前年同期比94.8%の5646人で、6四半期連続の減少となった。

 日雇派遣労働者数(月平均)は前年同期比116.5%の9万3736人で、4四半期連続の増加となった。

 調査は、労働者派遣事業を行う全国の501事業所を対象に実施した。

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

 労働者派遣事業の2015年度の売上高は5兆6790億円で、2年続けて増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万7956事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

 人材派遣が13四半期連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。
ランスタッドが人材派遣のキャレオを買収

ランスタッドが人材派遣のキャレオを買収

 人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、人材派遣の株式会社キャレオホールディングス(以下キャレオHD)の株主と、キャレオHDの発行済み株式の全てを7月1日付で譲り受けることで合意したと発表した。
リクルートがオランダの人材派遣会社を買収

リクルートがオランダの人材派遣会社を買収

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は12月22日、オランダの人材派遣会社USGピープルを買収すると発表した。買収額は1897億円。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース