2018年8月9日

春季賃上げの平均妥結額7033円、賃上げ率は3年ぶりに前年比増

 資本金10億円以上で従業員1000人以上の企業334社の春季賃上げの平均妥結額は7033円となったことが、厚生労働省の集計で分かった。賃上げ率は2.26%で3年ぶりに前年比増となっている。

 (22289)

 妥結額(定期昇給込みの賃上げ額)などを把握できた、資本金10億円以上かつ従業員1000人以上の労働組合のある企業334社を対象に集計をしたところ、春季賃上げ要求の平均妥結額は7033円で、前年(6570円)に比べ463円増となった。

 産業別にみると、20産業中で妥結額が最も高かったのは、「運輸」で1万4円。次いで「建設」8370円、「精密機器」7876円が続いた。

【産業別 妥結額 上位10産業】
1位 運輸  1万4円
2位 建設  8370円
3位 精密機器 7876円
4位 自動車 7703円
5位 化学  7582円
6位 造船  7363円
7位 繊維  7096円
8位 電気機器 6942円
9位 金融・保険 6802円
10位 食料品・たばこ 6737円

 現行ベース(交渉前の平均賃金)に対する賃上げ率は2.26%で、前年(2.11%)に比べ0.15ポイント増加した。賃上げ率は2%台が5年続いているが、今年は3年ぶりに前年比が増加している。

 産業別にみると、20産業中で賃上げ率が最も高かったのは、「運輸」で3.32%。次いで「精密機器」2.59%、「建設」2.41%が続いた。

【産業別 賃上げ率 上位10産業】
1位 運輸  3.32%
2位 精密機器 2.59%
3位 建設  2.41%
4位 自動車 2.40%
4位 繊維  2.35%
6位 造船  2.34%
7位 化学  2.29%
8位 窯業  2.19%
9位 電気機器 2.18%
9位 金融・保険 2.18%

 具体的な要求額を把握できた297社の平均要求額は9105円で、前年(9092円)に比べ13円増加した。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」によると、上場企業の33.6%がベースアップを予定しており、3年ぶりに増加傾向となっていることが分かった。
2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。
春季賃上げの平均妥結額6570円、賃上げ率は4年連続2%台が続く

春季賃上げの平均妥結額6570円、賃上げ率は4年連続2%台が続く

資本金10億円以上で従業員1000人以上の企業312社の春季賃上げの平均妥結額は6570円となったことが、厚生労働省の集計で分かった。
ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げに関するアンケート調査」によると、上場企業の23.7%がベースアップを予定していることが分かった。昨年に比べ厳しい見通しとなっている。
6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ2.8%増となったことが、厚生労働省が発表した6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース