2017年3月11日

16年春入社の新入社員「条件の良い会社があればさっさと移る」55%、入社半年で倍増

 日本生産性本部が2016年春の入社から半年が過ぎた新入社員を対象に実施した調査によると、「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得」と考える人が5割を超え、過去最高を記録したことが分かった。

 (11730)

 「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得だ」と思うかを質問したところ「そう思う」と答えた割合は54.6%と17年ぶりに過半数を超え、過去最高となった。

 2016年春の意識調査と比較すると26.6ポイント増、2015年秋の意識調査(2015年春入社の新入社員)と比較すると6.2ポイント増となっている。

 企業規模別では、従業員300人以上が53.0%、299人以下が55.9%。男女別では男性が53.3%、女性が56.8%。

 仕事を通じてかなえたい“夢”が「ある」と答えた人は37.8%となり、1991年の調査開始以来、過去最低(春・秋通して)を記録した。

 「残業が多く、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力の向上に期待できる職場」と「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、趣味などに時間が使える職場」とどちらを好むか聞くと、「残業が少ない職場を好む」とする回答が86.3%となり、最高値だった2015年秋(81.1%)を上回り、春・秋の意識調査を通して過去最高となった。

 会社の運動会などの親睦行事に「参加したい」と回答した人は61.5%で過去最低。2016年春の調査からは20.8ポイント、2015年秋の調査からは6.5%低下している。

 子供が生まれたときには育児休暇を取得したいと思う人は84.1%で、質問をはじめた2011年から、春・秋の意識調査を通じて過去最高となった。男女別に見ると、女性は95.5%、男性でも77.3%と高い。

 調査は、2016年10~12月、新入社員教育プログラム等に参加した242人から回答を得た。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

新入社員のTOEIC平均スコア485点

新入社員のTOEIC平均スコア485点

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会の発表によると、今年の新入社員のTOEICテスト平均スコアが485点だったことが分かった。
2017年新入社員の働く目的は、「楽しい生活をしたい」が4割超の過去最高

2017年新入社員の働く目的は、「楽しい生活をしたい」が4割超の過去最高

 2017年の新入社員に働く目的を聞くと、「楽しい生活をしたい」が42.6%と過去最高を更新したことが、日本生産性本部の調査で分かった。
2017年の新入社員で第一志望に入社した人が8割弱、2000年代で最高

2017年の新入社員で第一志望に入社した人が8割弱、2000年代で最高

 2017年の新入社員の中で第一志望の会社に入社した人が79.5%となり、2000年代で最高値を記録したことが日本生産性本部の調査で分かった。
「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

 「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が前年から大幅に増加して初めて7割超えたことが、日本生産性本部の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース