2016年12月28日

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。

 (11002)

 経営者に対して景気の現状についての判断を聞いたところ、「拡大」(0.9%)、「緩やかに拡大」(38.9%)、「横ばい」(57.0%)、「緩やかに後退」(1.8%)、「後退」(0.9%)となった。「緩やかに拡大」が9月調査15.6%→12月調査38.9%に増加し、「横ばい」が同76.8%→同57.0%に減少した。

 今後6カ月の景気見通しについては、「拡大」(1.8%)、「緩やかに拡大」(57.3%)、「横ばい」(36.4%)、「緩やかに後退」(2.7%)、「後退」(0.9%)となった。

 景気が拡大していく根拠を聞いたところ、「政府支出の増加」(30.7%)、「輸出の増加」(30.3%)、「設備投資の増加」(29.8%)が多く挙がった。

 特に「輸出の増加」は9月調査5.6%から24.7ポイント増となった。

 半年後(17年6月末時点)の対ドル円相場の予想は「110~115円未満」(38.7%)、株価の予想は「1万8000円台」(40.9%)が最も多い。

 自社の雇用状況について聞いたところ、雇用人員が「過剰」(9.0%)、「適正」(64.2%)、「不足」(26.9%)で、4人に1人の経営者が人手不足を感じている。

 非製造業は「不足」と回答した経営者の割合は、9月調査の34.5%から2.1ポイント減少して32.4%、「過剰」は7.6%、「適正」は60.0%。

 製造業は「不足」が9月調査の13.3%から1.6ポイント増加して14.9%、「過剰」(11.9%)、「適正」(73.1%)となった。

 家計の消費を抑制しているとみられる要因のうち影響が大きいと考えられるものは「年金・社会保障制度の持続可能性に対する懸念」(69.2%)、「潜在成長率の低下とそれに伴う可処分所得の伸び悩み」(63.6%)などがあがり、半数を超えた。

【家計の消費を抑制しているとみられる要因 トップ5】
1位 年金・社会保障制度の持続可能性に対する懸念 69.2%
2位 潜在成長率の低下と、それに伴う可処分所得の伸び悩み 63.6%
3位 長生きリスクや育児・介護の負担増に対する懸念 39.9%
4位 様々な格差(所得、資産、教育、機会など)拡大 26.3%
5位 財政規律の喪失およびそれに伴う国民負担の増大懸念 18.7%

 調査は11月30日~12月9日に実施し、経済同友会会員ら221人の経営者から回答を得た。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

経営者は収益性を重視、優秀人材の獲得が人事の優先課題に

経営者は収益性を重視、優秀人材の獲得が人事の優先課題に

 日本能率協会が経営者を対象に実施した調査によると、収益性に対する意識が強まっていることが分かった。また、優秀人材の獲得を人事の優先課題と考えていることも明らかとなった。
バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

 外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)が日本の最新雇用動向とバイリンガルの職種・業種別給与水準をまとめた「給与調査2017」を発表した。人材不足が継続し、多くの産業・職種で給与増を予想している。
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース