2017年3月11日

18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

 2018年卒学生の就職活動についてマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が行った調査によると、6割以上の学生がインターンシップに参加し、5年前の2倍以上になっていることが分かった。

 (11712)

 学生がこれまでに一度でも「インターンシップに応募や申込み」をした経験がある割合は 80.4%、平均応募社数は5.5社となり、インターンシップへの参加に向けて何らかのアクションを起こした学生は8割を超えた。

 実際に「インターンシップに参加」した割合は65.2%、平均参加社数は2.9社となった。

 「インターンシップに参加」した割合の経年比較では、前年比3.1ポイント増で5年前(13年卒:28.4%)と比較すると2倍以上となり、5年連続で増加している。

 平均参加社数も前年比0.2ポイント増となる2.9社と、こちらも3年連続で増加している。

 最も印象に残った企業のインターンシップ参加後の印象は、「良い方に変化し、その企業で働きたいと思った」(59.7%)と、「良い方向には変化したが、その企業で働きたいとは思わない」(27.3%)を合わせると、9割弱の学生が良い印象に変化したと回答した。

 良い印象に変わった理由は、「正社員の雰囲気が良かったから」(54.5%)が最も多く、「課題や業務にやりがいを感じたから」(41.3%) や、「社風や社訓、雰囲気が合ったから」(38.7%)が続いた。

 悪い方向へ印象が変化した場合でも、「社風や社訓、雰囲気が全く合わなかったから」(37.8%)、「課題や業務にやりがいを感じなかったから」(34.7%)、「正社員の雰囲気が悪かったから」(21.7%)と、同様の理由が上位に挙がった。

 インターンシップに参加した企業の選考を受験する予定はあるかと聞くと、インターンシップに参加した全ての企業の選考に進むかどうか、現時点では迷う学生も合わせ、約8割(79.4%)がいずれかの企業の選考に進む意思があった。主な理由としては「インターンシップ時の社員の印象が良かった」が挙がった。

 就職情報サイトへの登録や、業界研究を目的とした合同企業説明会への参加など、インターンシップ以外の準備活動の開始時期は、「10月以降」が前年比10.5ポイント増の67.9%と、年々スタートする時期が遅くなっている。
 文理男女別では、男子が比較的遅めに活動を始める傾向にあり、地域別では大都市圏以外がやや遅い傾向がみられた。

 インターンシップ参加学生と未参加の学生に分けて集計すると、未参加学生の約8割(79.4%)が10月以降に準備を始めていることが分かった。

 就職活動に対する準備についてマイナビでは、「早期から積極的にインターンシップに参加して準備を進めていた学生と、広報開始直後に活動を開始する学生とで、前年以上に差が拡がる可能性がうかがえる」と指摘している。

 調査は、2017年2月6日~23日、マイナビ2018全会員を対象にインターネット上のアンケートフォームで実施し、3996人の有効回答を得た。(文系男子670人、理系男子764人、文系女子1702人、理系女子860人)

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

IT関連産業の新卒採用は十分に確保できていない企業が過半数

IT関連産業の新卒採用は十分に確保できていない企業が過半数

 IT関連産業の新卒採用での採用人数について、十分に確保できていないとする企業は51.6%に上り、約半数の企業が十分な採用人数を確保できていないことが経済産業省の調査で分かった。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
HRテックの最新動向 高機能・低価格で大幅に生産性向上

HRテックの最新動向 高機能・低価格で大幅に生産性向上

 HRテックを取り入れる企業は近年拡大傾向にある。その背景には安価でかつ安全なサービスを取り入れることで、人事部門の生産性向上や社員の働きやすさ向上につなげる意図がある。新卒採用、中途採用、労務管理、タレントマネジメント、教育・研修、組織診断、社内SNSの7つの分野の日本におけるサービスを取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース