2017年5月10日

5割以上の企業でパワハラの予防・解決のための取り組みを実施

 厚生労働省が実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」によると、パワーハラスメントの予防・解決のための取組を実施している企業・団体の比率が5割を超えたことが明らかになった。

 (12095)

 企業を対象にパワーハラスメントの予防・解決のための取組について聞くと、「実施している」と回答した企業は52.2%と半数を超えた。「特に取組を考えていない」は25.3%だった。

 2012年度調査と比較すると、どの従業員規模でも「実施している」の比率が高くなっている。

 一方、従業員にパワーハラスメントの予防・解決のための取組について聞いたところ、勤務先が「積極的に取り組んでいる」または「取り組んでいる」と回答した者を合わせた比率は25.7%、「ほとんど取り組んでいない」または「全く取り組んでいない」と回答した者を合わせた比率は 51.5%と、半数以上は勤務先がパワーハラスメントの予防・解決の取り組みを行っていないと回答した。

 2012年度調査と比較すると、どの従業員規模でも「ほとんど取り組んでいない」と「全く取り組んでいない」を合わせた比率が低くなっている。

 パワーハラスメントの予防に向けて実施している取組は「相談窓口を設置した」が82.9%で最も高く、次いで「管理職を対象にパワーハラスメントについての講演や研修会を実施した」(63.4%)、「就業規則などの社内規定に盛り込んだ」(61.1%)となっている。

 また、パワーハラスメントの予防に効果を実感できた取組は、「管理職を対象にパワーハラスメントについての講演や研修会を実施した」が74.2%で最も高く、「一般社員等を対象にパワーハラスメントについての講演や研修会を実施した」(69.6%)、「相談窓口を設置した」(60.6%)が続いている。
 パワーハラスメントを受けたと感じたことがある人は、2012年度調査では25.3%、2016年度調査では32.5%と上昇した。

 企業が従業員向けに開設している相談窓口で、従業員から相談の多い上位2テーマを聞くと、パワーハラスメントが32.4%と最も多く、メンタルヘルス(28.1%)、セクシュアルハラスメント(14.5%)を上回った。
 従業員調査は、2016年7月26~27日、20~64歳の全国の企業・団体に勤務する人(公務員、自営業、経営者、役員は除く)を対象に実施し、1万人のサンプルを得た。

 企業調査は、2016年7月25日~10月24日全国の従業員30人以上の企業・団体を対象に郵送で実施し、4587件の回答を得た。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース