2018年7月4日

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。

 (21739)

 2019年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は「高校卒」(28%)、「高専・短大卒」(16%)、「大学卒(文科系)」(19%)、「大学卒(理科系)」(21%)、「大学院卒」(11%)、「専修学校卒」(13%)となった。

 前年の5月調査の回答と比較すると、高校卒では前年より上昇、大学卒(文科系)、大学卒(理科系)では横ばい、高専・短大卒、大学院卒、専修学校卒では前年より低下した。

 減少するとした事業所は「高校卒」(5%)、「高専・短大卒」(3%)、「大学卒(文科系)」(4%)、「大学卒(理科系)」(3%)、「大学院卒」(2%)、「専修学校卒」(2%)にとどまり、すべての学歴で「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回った。

 2019年新卒採用予定者数が「増加」するとした理由を学歴別にみると、高校卒、大学卒(文科系)、大学卒(理科系)で「長期的に育成することが必要な基幹的業務を担う者の確保」、高専・短大卒、専修学校卒で「前年は新規学卒者の確保が十分できなかった」、大学院卒で「技術革新への対応・研究開発体制の充実」が最も多かった。

 5月1日現在、未充足求人がある事業所は全体の53%。産業別に見ると、「医療・福祉」(70%)、「宿泊業・飲食サービス業」(65%)、「運輸業・郵便業」(61%)で6割を超えている。

 正社員等の労働者過不足判断D.I.(「不足」と回答した事業所の割合から「過剰」と回答した事業所の割合を差し引いた値)は37ポイントとなり、28期連続の不足超過となった。
 
 正社員等の労働者過不足判断D.I.は全ての産業で不足超過となっているが、特に「建設業」、「運輸業・郵便業」、「情報通信業」で人手不足を感じている事業所の割合が多い。

 一方、パートタイムの労働者過不足判断D.I.は30ポイントで、35期連続の不足超過となった。正社員と同様にすべての産業で不足超過の状況となっているが、特に「宿泊業・飲食サービス業」、「生活関連サービス業・娯楽業」で人手不足を感じている事業所の割合が多い。

 2017年1~3月に中途採用を実施した事業所は全体の64%で、前年同期を1ポイント上回った。

 産業別に見ると、「医療、福祉」(78%)で7割を超え、「不動産業・物品賃貸業」(68%)、「運輸業・郵便業」(67%)、「サービス業」(65%)、「製造業」(63%)、「生活関連サービス業・娯楽業」(63%)の5産業で6割台となった。

 最も割合の低い「建設業」では45%となった。

 今後、4~6月では66%の事業所が中途採用を予定している。

 調査は主要産業の30人規模以上の事業所のうち5835事業所を抽出して実施し、2412事業所から有効回答を得た。

おすすめの記事

「無期転換ルールに特例」労働契約法の最新動向

「無期転換ルールに特例」労働契約法の最新動向
有期労働契約の新しいルールが定められた平成24年8月の労働契約法の改正は、いずれも企業の労務管理に大きな影響を与える内容であったことは記憶に新しいところかと思います。その後、新たに特例が認められたほか、関連する訴訟が起き、改めて注目を浴びています。これらの労働契約法の動向や今後の留意点について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

 未充足の求人がある事業所が53%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。サービス業は7割以上、医療・福祉業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース