2018年11月7日

2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

 2020年卒学生を対象に就職活動について聞くと、過半数は大手志望であることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査で明らかとなった。

 (22953)

 2020年3月卒業予定の大学生を対象に就職活動の中心とする企業の規模を尋ねたところ、「業界トップの企業を中心に活動するつもり」18.6%、「大手企業を中心に活動するつもり」38.3%となり、いわゆる大手狙いの学生が過半数に上った(計56.9%)。

 文理男女別に見ると、女子は「規模にこだわらずに活動」と答える割合が高く、文理とも4割近い(文系女子39.7%、理系女子37.3%)。これに対し、男子は「業界トップ企業を中心に活動するつもり」(文系男子24.8%、理系男子24.7%)の割合が女子に比べ高かった。

 志望業界について聞くと、「明確に決まっている」という学生が約2割(19.8%)。「なんとなく決まっている」(45.9%)を合わせると、10月上旬時点で6割強が志望業界を決めていることが分かった(計65.7%)。

 志望業界を40業界の中から5つまで選んでもらい、文理男女別に順位を出してみると、文系は男子の1位が「銀行」(27.5%)で2位は「調査・コンサルタント」(25.2%)、女子は「マスコミ」(27.6%)、「ホテル・旅行」(20.4%)の順。文系男子1位の「銀行」は女子では3位だった。

 理系を見ると、男子は1位「電子・電機」(28.1%)の後に、「情報・インターネットサービス」(24.6%)「情報処理・ソフトウエア」(22.8%)と続く。理系女子は半数近く(46.3%)が「医薬品・医療関連・化粧品」を選ぶなど、ポイントが集中している。

【文系男子 志望業界 トップ3】
1位 銀行 27.5%
2位 調査・コンサルタント 25.2%
3位 商社(総合) 23.9%

【文系女子 志望業界 トップ3】
1位 マスコミ 27.6%
2位 ホテル・旅行 20.4%
3位 銀行 19.4%

【理系男子 志望業界 トップ3】
1位 電子・電機 28.1%
2位 情報・インターネットサービス 24.6%
3位 情報処理・ソフトウエア 22.8%

【理系女子 志望業界 トップ3】
1位 医薬品・医療関連・化粧品 46.3%
2位 素材・化学 35.2%
3位 水産・食品 32.4%

 10月1日時点でのインターンシップの参加状況を聞くと、参加経験がある学生はモニター全体の87.2%に上った

 実施日数別に見ると、「1日以内のプログラム」への参加が7割超(75.0%)と複数日程のものに比べ圧倒的に多い。

 参加社数の平均を見ると、「1日以内のプログラム」が3.6社と、複数日程のものの2倍以上に上り、ショートプログラムへの参加が中心であることがわかる。

 調査は、2018年10月1日~10日、2020年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象にインターネットで実施し、1048人の回答を得た。(文系男子322人、文系女子350人、理系男子223人、理系女子153人)

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。
18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

 2018年卒学生の就職活動についてマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が行った調査によると、6割以上の学生がインターンシップに参加し、5年前の2倍以上になっていることが分かった。
大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が77.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

経団連が発表した「採用選考に関する指針」の廃止。企業だけでなく学生にもどのような影響があるのか解説していく。(文・溝上憲文編集委員)
2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。
LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

新卒採用で会社説明会に予約していないエントリー学生に対して、メールや電話で予約を促す業務に忙殺される採用担当者は多い。しかし、メールを見ず、電話にも出ないという学生が急増。そこで、リアライブ社が提供する、学生の主要な連絡手段である「LINE」と連携した新卒採用管理システム「Reworks Cloud」に注目したい。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース