2018年1月22日

【海外出張者と駐在員のリスク管理】2017年の重大ニュース等から学ぶ

2017年も大きな出来事が繰り返し発生した。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、昨年の注目すべきニュースや出来事から教訓とすべきポイントを挙げ、本年の安全対策にどのように生かして行くかについて寄稿してもらった。

 (14124)

2017年の出来事から学ぶ

(1)「イスラム国(IS)」掃討作戦終了

 2014年6月29日、「イスラム国(IS)」はカリフ制国家樹立を宣言して3年余でシリア、イラクの支配地からほぼ排除された。モスル攻略作戦が始まったのは2016年10月、掃討作戦では多くの犠牲者を伴いながら、2017年7月に作戦を終了した。

 シリアではISが首都と称するラッカも2017年10月に陥落、一部地域を除きほぼイラク、シリアから排除された。国家樹立宣言から排除までに時間と多くの一般市民の犠牲を伴いながらも、ともかく独自の論理と宣伝活動で地域を支配し、一般市民を虐殺するなどの恐怖支配を繰り返したISの大きな脅威はほぼなくなった。

 しかし、ISのリーダーを含む中枢部の幹部は別の場所に既に移動したと見られており、新たな戦略を練っているものと思われる。広大な支配地を別の地域で再び手に入れることはないが、主として治安情勢の悪化している様々な地域で活動を継続していくものと思われる。

 本年もISのネット上でのアピールやアフガニスタンで繰り返しているような組織と直結したテロの動きに注目していく必要がある。

(2)朝鮮半島緊張

 トランプ政権誕生以後の米国は、挑発を繰り返す北朝鮮に対して、軍事力行使も辞さない等過激な発言を繰り返し、偶発的な衝突が懸念され続けた年であった。韓国に進出している企業にとっては悩ましい1年であった。

 特に、北朝鮮側は相次ぐ弾道ミサイル発射や、6回目の核実験を行い、一方、米側は11月には空母三隻を動員した軍事訓練を行ったことから、両者間の緊張が最高に達したが、それでも日本企業等が国外退去する事態には至らなかった。

 北朝鮮は、今後も核弾頭搭載の弾道ミサイルの開発、核開発を進めて行く方針に変更はないと思われる。北朝鮮は、本年になって、平昌オリンピックに参加するなど韓国との対話姿勢を示しているが、北朝鮮の時間稼ぎとも言われており、朝鮮半島の緊張が一気に和らぐことは期待できない。一方、トランプ政権は米国への脅威が増すことになれば軍事力の行使へと舵を切る可能性は常にある。

 本年もまた、朝鮮半島情勢で悩ましい対応を迫られる1年となる可能性が高い。昨年同様に、情報収集、緊急避難、国外退避を想定して、万一の場合に備えておくことが必要である。

(3)トランプ大統領就任

 世界はトランプ大統領に掻き回された1年と言っていいだろう。内向きの外交政策は国際協調により世界の平和、安定を目指す方向とは逆方向に向かう結果となった。TPPからの離脱、ユネスコからの脱退、パリ協定からの離脱などのほかに、各国の治安情勢に影響を与えたエルサレムをイスラエルの首都と認めた問題は、本年も尾を引くことになる。

 新年早々、暴露本が出版され、同大統領が激しく抗議した結果、本の売れ行きに一役買う結果となった。また、ロシア疑惑、或いは捜査妨害について大統領に直接捜査が及ぶ可能性もある。火の車状態になる可能性を秘めながらも、トランプ大統領は我が道を突き進むことになろう。

 何はともあれ、大きな権限を有するアメリカ大統領の一挙手一投足には、大きな影響力がある。企業としても、好むと好まざるとに関わりなく、同大統領の動静、言動に注意して行かざるを得ない。

(4)世界各地でテロ

 年初にトルコでは銃乱射テロ事件が発生した。イギリスでもテロが相次いだ。ローンウルフ或いはホームグローンによる単独テロが主だったが、ロンドン橋、さらにはバラマーケットを襲撃したテロ事件は、3人組によるものだった。

 スペインのバルセロナで発生したテロは、前日に近くのアジトで誤爆事件が発生し、リーダーが死亡した。グループは12名から構成されたと言われており、本事件では4名が拘束された。万が一、爆弾が使用されていれば、より多くの犠牲者が出た可能性があった。

 エジプトのテロも止まない。シナイ半島地域のISの影響を受けた過激派組織のテロは治安部隊に対する攻撃を中心に繰り返し実行されているが、昨年11月にモスクを襲撃したテロは300人以上の犠牲者を出した。犠牲者の数及びスンニ派のモスクが狙われたということから、大きな衝撃を与えた。また、ムスリム同胞団との関係が取り沙汰されている「ハスム運動」がカイロ近郊でテロを繰り返しており、3月に大統領選挙を控えたエジプトは、本年もテロに悩まされることになろう。
 アフガニスタンは、米軍などの支援を受けて国内の治安回復を目指しているが、IS、タリバンによるテロ攻撃の勢いは止まらない。米国政府はこれまで、パキスタン政府や軍の一部が「ラシュカレ・タイバ(LeT)」やイスラム過激派組織「パキスタンのタリバン運動(TTP)」などのイスラム武装組織を裏で支援していると強い不満を募らせている。本年早々、テロリストの出撃拠点はパキスタンとして米政権は同国のテロ対策への取組みを非難し、経済支援の凍結を発表したが、パキスタンはこれを否定している。パキスタン国内においても、アフガニスタン国境を中心にテロが頻発している。本年も、両国でテロは続く。米国とアフガニスタン、パキスタンの連携がなければ南西アジアのテロは防止できない。

 ソマリアを拠点とするアルシャバブ、ナイジェリア北部を拠点とするボコ・ハラム、北アフリカ、西アフリカでテロを繰り返しているアルカイダ系のイスラム過激派グループも昨年同様にテロを行う。これらのグループは襲撃後、目標の場所を占拠するテロを実行することがあり厄介である。

 邦人が多く活動するアジアにおいても、フィリピン、インドネシアでISに忠誠を誓うイスラム過激派組織がテロを実行しており、本年もその傾向は変わらない。

 動機は未だ解明されていないが、昨年、ラスベガスで高層階から銃撃した事件は、これまでのアメリカの銃乱射事件としては、過去最悪の犠牲者を出した。同事件を模倣した事件が散発したが、テログループやローンウルフが模倣した同種乱射事件を敢行することが懸念される。

 本年も、テロ組織の動向、テロの発生状況を見落とすことなく分析し、社員がテロに遭遇しないための注意喚起を行っていく必要がある。

(5)ロンドン高層住宅火災

 ロンドンの高層住宅火災の映像を、危機管理担当者の皆様はどのような思いでご覧になっただろうか。

 海外に展開する企業、団体職員、留学生などの多くは、集合住宅に居住している。都市開発の進む国では、多くの邦人が高層マンションに居住し、或いは高層ビルに事務所を構えており、ロンドンで発生したような火災に遭遇する可能性がある。

 高層ビルでは、年に最低1回は消防訓練や避難訓練が行われているが参加する人は少ない。非常階段の位置、火災時の対応について実際に確認していない人もいる。昨年、ミャンマーのホテル火災で邦人が死亡している。

 非常口の確認、地震、火災発生時にどうすべきかを最低限確認する癖をつけておくことが必要である。

(6)ジンバブエクーデター

 政治的対立が治安の不安定に結びついている国がいくつもある。権力争いに明け暮れ、国内治安の確保は二の次である。

 昨年、体制変化があったのはジンバブエだった。流血事態は避けられたが、一歩間違えばそのような事態を招く可能性があった。本年も国外退避までに至ることはないが、そのような緊張事態に至る国が出てくるかもしれない。

 民主主義が定着していない国々の選挙の時期が要注意である。本年も、各国で選挙が実施され、与党、野党支持者が対立する場面が予想される。大統領選挙、議会選挙などが開催される国は、事態の推移を確実に把握していく必要がある。

(7)自然災害多発(風水害、地震、火山噴火、森林火災など)

 アジア各地や北中南米で、台風やハリケーンによる洪水に見舞われた。気象変動の波が押し寄せていることを実感する年でもあった。

 イランやメキシコで地震が発生して多くの犠牲者が出た。インドネシアのアグン山の噴火は、危険レベルを上げたり下げたりしながら、11月に大噴火し、飛行機の離発着に影響が出て観光客が一時、足止め状態になった。

 世界各地で発生した自然災害で邦人が死亡したケースは確認されていないが、日程変更を余儀なくされたり、業務に支障が出たりした邦人もいると思われる。自然災害は、突発事案的な性格がある。備えが必要である。

(8)交通事故(タイで邦人4人死亡)

 海外で遭遇するリスクの中で、交通事故に遭う可能性は犯罪被害に遭うリスクに次いで高い。交通ルールを比較的よく守る日本でさえ、昨年の交通事故による死亡者が3,694人であった。

 海外の運転者の特徴はスピードを出すことである。どの国に出向いても、そのスピードに恐怖感を覚える。交通事故防止対策も、海外リスク回避の一つとして取り組む必要がある。

 そのほか、海、山の事故で邦人が亡くなるケースも複数発生している。自己責任とは言え、「無理するな」という周りからの注意喚起の一声が必要である。

本年の展望

(1)政情不安

 本年は、世界の多くの国で選挙が実施される。選挙を巡って国が混乱する事態が生じる例も多い。また、独裁色を強める政権が目立つ。

 昨年暮れから始まったイラン国内の抗議活動は終息しつつあるが、本年も自由を求めるデモや経済格差から生じる抗議デモが、暴動へ発展する事態が発生することが考えられる。

(2)テロ情勢の変化

 ISによるテロは、アフガニスタンで継続している以外、大きく目立ったテロは確認されていない。中枢の組織、司令塔がシリア、イラクから追われたことから体制を整え、新たな戦略、戦術を練っているものと思われる。ISの戦闘に参加し、出身国や他の地域に移動した戦闘員が、今後どのような動きをするかも注目される年になる。
 元々、反米が基盤のアルカイダは、米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに反発しており、米国権益へのテロの脅威は高まるものと思われる。

 各国、地域でテロ活動を繰り返している既存のテロ組織は本年もテロを繰り返す。テロ組織の攻撃対象、特にソフトターゲットを狙うテロ組織の活動地域、影響下にある地域で活動する邦人は利用するホテル、レストラン等の安全チェックを行って、テロリスクを避ける対策が必要である。

(3)治安悪化

 多くの国では、経済情勢が好調で活気を呈しているが、結果としては貧富の差が拡大することになり、治安の悪い国はさらに犯罪が増えることが懸念される。

 特に、武器使用犯罪が多発する国は、犯罪組織や仲間同士が競う形で強盗事件を繰り返していることから、邦人にとっても大きなプレッシャーとなっている。

 治安機関による取締りも不十分であり、期待できない。結局は自己防衛策を取るしかない。このような国では、安全対策に関して本社の支援が不可欠である。

(4)緊急事態

 昨年暮れにはイラン、本年冒頭にはチュニジアなどで国家を揺るがす抗議行動が発生している。本年も政情不安な国において、大規模な抗議活動が暴動に発展したり、クーデターなどが発生したりすることがあり得る。国外退避する事態になることは稀であるが、このような国では、国外退避要領を具体的に描いておく必要がある。
 緊急事態への備えとして、現地からの第一報が海外危機管理担当者に速報される体制となっているか確認しておく。緊急事態が発生した場合は、本社の対策本部が方針を決定し、現地を動かすことになる。本社の対策本部が招集される事案はほとんどないため、いざというときに機能しないこともある。年に1回くらいは訓練が必要である。加えて、突然やってくる地震や気候変動から来る洪水、台風などに対する備えも必要である。

最後に

 「若者が海外勤務を望まない。」と嘆く企業の話を聞いたことがある。
 
 当社では、海外赴任前研修を毎月実施しているが、確かに、自ら海外勤務を希望したとして手を挙げる人は少ない。見えない不安に怯えている赴任者も多い。海外は危険だという印象が強いせいであろう。

 海外で学ぶことは多い。楽しいこともたくさんある。海外が大好きな筆者は、赴任者に対して「ほとんどの人が海外勤務して良かったという思いで帰国する」と断言している。赴任前研修を終えて、「安心した」、「勇気が出た」というコメントもある。このような不安を少しでも解消するのは、危機管理者の皆様であり、当社である。

 海外では気を付けることが多いことも確かである。本年も、危機管理担当者の皆様と共に、海外で活躍する社員や学生の皆様の安全確保のためのサポート役を務めていきたい。

オオコシセキュリティコンサルタンツ「海外駐在員とその家族を守る危機管理コンサルティングで人事部門を支援しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

オオコシセキュリティコンサルタンツ「海外駐在員とその家族を守る危機管理コンサルティングで人事部門を支援しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
大越 修 代表取締役社長
33 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【海外出張者と駐在員のリスク管理】ニューヨーク市 2017年度の犯罪発生件数 70年ぶりに最低レベルを記録

【海外出張者と駐在員のリスク管理】ニューヨーク市 2017年度の犯罪発生件数 70年ぶりに最低レベルを記録

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツに、ニューヨーク市の犯罪発生件数について考察を寄稿してもらった。
【海外出張者と駐在員のリスク管理】ラスベガス 野外コンサート会場へ向け男が銃を乱射 59人死亡 527人負傷

【海外出張者と駐在員のリスク管理】ラスベガス 野外コンサート会場へ向け男が銃を乱射 59人死亡 527人負傷

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、ラスベガス銃乱射事件の概要と共に考察と対策について寄稿してもらった。
【海外出張者と駐在員のリスク管理】ロンドン地下鉄爆弾事件 2人目の容疑者逮捕でテロ警戒レベルを引き下げ

【海外出張者と駐在員のリスク管理】ロンドン地下鉄爆弾事件 2人目の容疑者逮捕でテロ警戒レベルを引き下げ

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、ロンドン地下鉄爆弾事件の概要と共に考察と対策について寄稿してもらった。
【海外出張者と駐在員のリスク管理】海外駐在員の身近にある危機 中国湖北省で内装業者を装った麻薬製造組織を摘発

【海外出張者と駐在員のリスク管理】海外駐在員の身近にある危機 中国湖北省で内装業者を装った麻薬製造組織を摘発

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、中国湖北省で内装業者を装った麻薬製造組織が摘発された事件の概要と共に考察と対策について寄稿してもらった。
【海外出張者と駐在員のリスク管理】15人の犠牲者を出したバルセロナ・車両突入テロを分析

【海外出張者と駐在員のリスク管理】15人の犠牲者を出したバルセロナ・車両突入テロを分析

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、15人の犠牲者を出したバルセロナ・車両突入テロ事件の概要と共に考察と対策について寄稿してもらった。
頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

世界中でテロや事件が頻発するようになり、日本人の海外駐在員や出張者がテロの犠牲になる事件が起きている。ヨーロッパでもテロが相次いで発生しており、もはや世界に安全な地域はなくなった。海外勤務者をどのように守ったらよいのか、日本の企業セキュリティの草分けオオコシセキュリティコンサルタンツ社長の大越修氏に聞いた。
日本企業の9割超で「イノベーション」が主要な経営課題 マーサージャパン

日本企業の9割超で「イノベーション」が主要な経営課題 マーサージャパン

 92%の日本企業がイノベーションを今年の主要な経営課題とし、88%の日本企業が組織の再設計を計画していることが、マーサージャパンの「2018年グローバル人材動向調査」で明らかとなった。
テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

テレワーク導入企業は1割超、セキュリティ対策に課題

 テレワークを導入している企業は13.9%に上ったことが、総務省の「通信利用動向調査」で明らかとなった。具体的な導入予定があるのは4.3%となっている。
グローバル人材になるために最も必要な能力は「コミュニケーションスキル」 ロバート・ウォルターズ調査

グローバル人材になるために最も必要な能力は「コミュニケーションスキル」 ロバート・ウォルターズ調査

 グローバル人材になるために最も必要な基礎能力は“コミュニケーションスキル”であることが、外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)の実施したアンケート意識調査で明らかとなった。
バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年2月末時点のグローバル転職求人倍率は、前月より0.06ポイント低い1.50倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

オオコシセキュリティコンサルタンツ オオコシセキュリティコンサルタンツ

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース