2018年2月23日

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。

 (14290)

 2018年度に正社員の賃金改善(ベースアップ、賞与・一時金の引き上げ)が「ある(見込み)」と回答した企業は、は56.5%と、2年連続で5割を超えた。前年調査(2017年度見込み)と比べると5.3ポイント上回っており、過去最高となった。

 一方、賃金改善が「ない(見込み)」と回答した企業は18.4%で、前年調査を4.1ポイント下回った。

 「ある」が「ない」を8年連続で上回ると同時に、その差も38.1ポイントと前年より大幅に拡大し、過去最大を更新した。

 2017年度実績では、賃金改善が「あった」企業は67.3%に上り、4年連続で6割を超えた。

 「ある(見込み)」と回答した企業の割合を業界別に見ると、「製造」が最も高く60.5%となった。次いで「運輸・倉庫」(60.3%)、「建設」(57.2%)が続き、上位3業界は前年度と変わらなかった。

 一方、「金融」は調査開始以降13年連続で「ない」(34.9%)が「ある」(24.6%)を上回っており、10業界中唯一、賃金改善を見込む企業の割合が前年度から低下した。

【業界別 2018年度の賃金改善見込みの有無】
農林水産 ある45.6%、ない28.1%
金融 ある24.6%、ない34.9%
建設 ある57.2%、ない18.1%
不動産 ある43.6%、ない25.7%
製造 ある60.5%、ない14.7%
卸売 ある55.8%、ない19.4%
小売 ある50.9%、ない22.6%
運輸・倉庫 ある60.3%、ない17.4%
サービス ある56.3%、ない19.6%
その他 ある37.8%、ない31.1%

 賃金改善が「ある」企業の割合を従業員数別にみると、「6~20人」(60.0%)、「21~50人」(62.9%)、「51~100人」(61.5%)が6割を超えた。

 一方、「5人以下」「301~1000人」「1000人超」では4割台にとどまっており、賃金改善を行う企業は中小企業で高く、小規模企業や大企業で低くなる傾向となった。

 賃金改善の具体的内容では「ベースアップ」(45.4%)、「賞与(一時金)」(31.8%)で、前年調査に比べて「ベア」が5.1ポイント増、「賞与(一時金)」が3.0ポイント増となった。

 「ベースアップ」は2017年度見込みの40.3%を上回り、過去最高となった 。また「賞与(一時金)」も初めて3割台となり、過去最高を記録した。

 賃金改善が「ある(見込み)」と回答した企業の理由(複数回答)では、「労働力の定着・確保」(79.7%)が最も多く、2015年度以降4年連続して前年を上回り、過去最高を記録した。

 次いで、「自社の業績拡大」(47.0%)、「同業他社の賃金動向」(25.0%)「最低賃金の改定」(13.9%)と続いた。

 調査は、2018年1月18日~31日、全国2万3089社を対象に実施し、は1万161社の有効回答を得た。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。
2月の実質賃金0.5%減、現金給与総額は0.9%増

2月の実質賃金0.5%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.5%減となったことが、厚生労働省が発表した2月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース