2016年9月1日

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。

「知の探索」のために異なる価値観に触れ合う機会を増やす

 (9006)

イマージョン 藤井 正隆 代表取締役社長

 会社の成長・成熟期に入社した社員の多くは、「知の深化」によって仕事を進めてきた。業界知識を活かして資料を作ったり目の前の課題への対応には長けているが、新しい発想があまり出てこない傾向が見られる。

 イノベーションには「知の探索」が必要なので、異なる価値観を持つ人たちと触れ合う機会を増やすべきだろう。金融危機や東日本大震災を経て会社に対する人々の見方が変わってきたと思う。会社の「志」が重視され、「志」を持つ「いい会社」は人材や研究開発に投資している。

 「いい会社」が投資を行う理由は、価格競争に巻き込まれないような製品やサービスを生み出し続けるために常にイノベーションを必要としているからだ。投資もせずに社員に業績だけを求める会社は「ブラック企業」と見なされるようになった。

システムを活用した配置や教育、選抜などの管理が重要に

 (9009)

NECソリューションイノベータ 森川 兼利 南関東支社 会計人給SIグループ 統括マネージャー

 人事システムには「タレントマネジメント」の考え方に沿った相談が増えている。従業員が増え、事業活動のエリアが広がってくると、システムを活用して社員の配置や教育、選抜などを管理することの重要性が増してくる。

 社内にどのような人材がいるのかがデータとして抽出できれば、例えば、新規事業に取り組む際にもベターな人材を選び出し不足している能力を補う教育をスムーズに行える。また、定型業務をシステムに任せることで社員は創造的な仕事に集中できるようになる。

 イノベーションには、組織と組織、人と人の接着剤になれるようなファシリテーション能力の高い人材が必要だと思う。そうした資質のある社員にシステム導入のプロジェクトマネジメント経験を積ませて能力開発につなげている会社もある。

“自分ゴト”として組織に関与できるための仕掛けづくりが大切

 (9010)

IWNC 石川 隆久 取締役

 フィンテックをはじめ、様々な業種で新しいテクノロジーとビジネスを融合していこうという動きが本格化し、それを推進するための組織や人材に対する投資が活発になっていると感じる。変革を起こすような技術革新は人の発想から生まれる。

 イノベーションの実現に向けた壁を乗り越えるためには、一人一人がオーナーシップを持ってアイデアの具体化に責任を持つような仕事の進め方や組織運営が求められている。

 企業の枠を超えて連携したり、今まで勝ってきた既存のビジネスモデルを変えていかなければならないケースが増え新しい働き方が求められる企業が多いが、遅れをとっている企業では世代交代が壁になっている例が多くみられる。社員が“自分ゴト”として組織に関与できるための仕掛けづくりが大切になっている。

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
日本人材ニュースの無料会員にご登録いただくと、多くの企業で法律顧問として活躍中の安西法律事務所の弁護士陣による「雇用管理の法律相談」などの会員限定記事をご覧いただけます。人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
118 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

大手・中堅企業 事業拡大や新規事業進出で中途採用

 大手・中堅企業が事業拡大や新規事業進出を理由に中途採用を行っていることが、厚生労働省の転職者実態調査で分かった。
【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長
職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

 職場におけるデジタル化の重要性に対して男女間で意識の違いが大きいことが、総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査で明らかになった。
社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース