2017年10月20日

【障がい者の中途採用】法定雇用率引き上げに対応するための採用で求人がさらに増加

セントメディア 森 晴貴 チャレンジド雇用支援事業部長

 (13250)

 障がい者の求人数は引き続き高水準で、さらに来年4月に法定雇用率が引き上げられることも背景となって増加傾向にあります。

 法定雇用率の引き上げは、特に受け入れ能力に制約がある中堅中小企業にとって大きな負担となっていますが、採用担当者は雇用率をクリアするために、ハローワーク、求人媒体、人材紹介などのあらゆる手法を活用しています。

 また同じく来年4月には無期雇用への転換が始まりますので、多くの企業で有期雇用の障がい者を無期雇用へ転換する動きがすでに進みつつあります。

 私が知る限り、雇用契約を打ち切るケースは出ていません。障がい者の採用難であることに加えて、企業の受け入れ環境が着実に整ってきていることが背景です。先進的な取り組みが進んでいる企業では、精神障がいや重度障がい者へと、より幅を広げた採用が進んでいます。

 求人が非常に多い状況ですので、障がい者は正社員採用のチャンスを探しています。ミスマッチによる早期離職を防ぐため、企業に対してより積極的な情報開示を求めていますが、障がい者の離職率や正社員の割合などはあまり公表されていないのが現状です。

 障がい者向け採用HPを用意したり、職場見学会などを実施している企業に対しては障がい者の評価が高く、採用につながりやすくなっています。

 採用を成功させるポイントの一つ目は、定着・活躍の成功事例を作ることです。そのため、最初は人事担当などがフォローをしやすい部署に配属することが望ましく、成功事例を社内に認知してもらってから徐々に受け入れ部署を広げていくと良いでしょう。

 二つ目は経営トップの役割です。多様な人材を積極的に受け入れていくというメッセージを社員に向けて常に発信している経営トップがいる企業は採用に成功しています。

 三つ目は、採用ターゲットを明確にすることです。どのような仕事のレベルを求めるのか、受け入れ環境があるのかなどを明確にしておかないと、ミスマッチの確率が高まります。

セントメディアの関連記事

セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

セントメディア「障がい者雇用を採用コンサルティングとして支援し、法定雇用率の引き上げに対応します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
2018年4月に障がい者の法定雇用率の引き上げが行われ、企業は以前に増して障がい者雇用への対応が求められている。セントメディアでは、採用前段階から企業にコンサルティングとして入ることで、今まで障がい者雇用に苦戦していた企業でも安定的に採用できるように、採用と定着の支援を行っている。また、候補者に対して事前ヒアリングやフォローを手厚く行うことで、企業と候補者のマッチングを実現し、高い決定率、定着率を維持している。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

人材サービス会社2017年度半期決算

人材サービス会社2017年度半期決算

主要人材サービス各社の2017年度半期決算が出そろった。幅広い分野で人材不足が継続していることから各社とも引き続き業績の拡大が続いている。
ウィルグループ第2四半期連結決算 営業利益は前年同期と比べ2倍

ウィルグループ第2四半期連結決算 営業利益は前年同期と比べ2倍

人材サービスを手掛けるウィルグループ(東京・中野、大原茂社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は365億4300万円、営業利益は12億9900万円で増収増益となった。
インターネット/IoT 業界専門の企業情報メディアを開設 セントメディア

インターネット/IoT 業界専門の企業情報メディアを開設 セントメディア

 セントメディア(東京・新宿、大原茂社長)のインターネット/IoT(Internet of Things)業界専門の人材紹介サービス「NET jinzai bank」(ネットジンザイバンク)は、インターネット/IoT業界に特化した企業情報メディア「Cotobe(コトビー)」を開設した。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中