2016年3月28日

レビックグローバル/労務管理が学べるeラーニング教材をリリース 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【レビックグローバル、ビズリーチ、ダイバージェント、テンプスタッフ、MS-Japan】

 (27060)

レビックグローバル/労務管理が学べるeラーニング教材をリリース

 企業向けにeラーニングを提供するレビックグローバル(東京・港、斎藤茂清社長)は、管理職が労務管理の基礎知識を学べるeラーニング教材「これだけでできる 労務管理」をリリースした。

 「これだけでできる 労務管理」は、従業員が働きやすい職場環境を整えていくために、管理職が社会的な背景や制度を踏まえて労務管理の基礎知識を習得し、日々のマネジメントでの実践に活かせる内容となっている。

 また、日常の職場運営のポイントやコンプライアンスという観点だけでなく、労働紛争やハラスメントの予防といったリスク対策までを含む幅広いテーマを網羅している。

 レビックグローバルの中村信太郎マネジャーは、「各社の課題に応じたオリジナル教材の制作依頼も増えていることから、マネジメント層向けのコンテンツ開発に力を入れていく」と話している。

レビックグローバル「ITを活用した映像コンテンツと学びの環境で“自律したビジネスパーソン”の育成を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

レビックグローバル「ITを活用した映像コンテンツと学びの環境で“自律したビジネスパーソン”の育成を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
レビックグローバルは、映像コンテンツの開発力に優れるとともに、ITを活用した最適な学習環境が提供できる会社。専門コンサルタントが企業理解を深めた上で適切なソリューションを提案し、教育効果の実現を図っている。また、システム面のセキュリティや情報保護をはじめとして、グローバルで安定した運用ができることでクライアントから信頼を得ており、特に大手企業が必要とする監督官庁や社内監査向け報告ドキュメント作成のノウハウも評価されている。(日本人材ニュース編集部の評価)

ビズリーチ/ヤフー、セールスフォースなど10社から総額37.3億円を資金調達

 企業の採用支援サービスを提供するビズリーチ(東京・渋谷、南壮一郎社長)は、29日、ヤフーの投資子会社YJキャピタル、米セールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesなどを引受先とした第三者割当増資等で約37.3億円を資金調達したと発表した。

 資金調達の目的についてビズリーチでは、「求人検索エンジン『スタンバイ』事業を拡大し、ユーザー機能の拡張や利便性の向上を強化していくと同時に、クラウド型の採用管理システム「HRMOS(ハーモス)」など、様々な新規サービスを立ち上げていく」としている。

 スタンバイは全業種・全職種・全雇用形態を対象にした求人検索エンジン。スマートフォンなどのGPS機能を活用した「地図」からの検索や、職種・業種などの「キーワード」と希望の「勤務地」を組み合わせた検索により、複数の大手求人サイトの求人を横断して一括検索できる仕組みが特徴となっている。現在地や指定した地域周辺の求人情報が地図上に掲載されるため、勤務地を特定して仕事を探したい人や子育てや介護などで働く場所が限定される人にとって便利な機能となっている。 今回の資金調達により、人工知能や機械学習を用いた検索精度の向上やアプリ機能の追加開発などでユーザーの利便性をより高める。

 一方、スタンバイは企業向けに求人情報を作成・公開・管理でき、採用成約時にも追加手数料が掛からない無料の採用プロモーションツール 「スタンバイ・カンパニー」を提供している。これをさらに業務を効率化するツールとして拡充したクラウド型の採用管理システム「HRMOS」として2016年5月から提供する予定だ。

 今回の資金調達で引受先となる10社は次の通り。
・YJキャピタル株式会社
・ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合(三井住友トラスト・インベストメント運営)
・Salesforce Ventures
・株式会社電通デジタル・ホールディングス
・グリー株式会社
・楽天株式会社
・株式会社リンクアンドモチベーション
・EFU Investment Limited
・East Ventures
・IMJ Investment Partners Japan Fund 1号 投資事業有限責任組合

ダイバージェント/掲載無料の外国人専門の求人サイトオープン

 外国人に特化した人材紹介会社ダイバージェント(東京・新宿、小林清佳社長)は、日本で仕事を探す外国人を対象とした掲載無料の求人サイト「Sakura Work Japan(サクラワークジャパン)」を開設した。

  サクラワークジャパンは、「日本語」「英語」「中国語・簡体」「中国語・繁体」の4言語に対応しており、求人企業は1つの求人に最大4言語の募集情報を発信することができる。

 また、YouTube動画を掲載する機能も搭載しており、代表者メッセージや社員インタビューを掲載することでユーザーの応募動機を高めてミスマッチを未然に防ぐなどの特徴を持つ。

 今後は求人情報掲載の他に、就職に成功者のインタビューや日本で仕事を探すための基礎情報やアドバイスなどを定期発信することで、今年度中に日本で働く意欲の高い外国人登録者2万人と求人企業3000社の掲載を目指す。

 外国人採用の必要性についてダイバージェントの小林清佳社長は、「就労人口の減少などで、人手不足が加速する中で企業が成長していくためには、よりダイバーシティな観点から多国籍な人材の採用に積極的に取り組む必要がある」と話している。

テンプスタッフ/CADオペレーターの人材派遣サービスを開始

 テンプスタッフ(東京・渋谷、水田正道社長)は、建築需要の増加にともなって人材が不足するCADオペレーター社員派遣サービスを4月から開始する。

 2017年4月からはチーム単位でリーダーが主体となってメンバーのフォローや効率的な業務フローを行うチーム派遣サービスも提供する。

 人材派遣先に長期的・安定的なサポートを行うために、15年4月~今年1月までの間に約150人のCADオペレーターの教育・支援を実施してきた。

 テンプスタッフでは、CADオペレーター社員派遣サービスを通して、人材が不足する企業とブランクのあるCADオペレーターの復職支援や未経験者の就業機会、経験者のスキルアップを支援する方針だ。

MS-Japan/会計事務所・法律事務所の検索サイトを開設

 管理部門に特化する人材紹介会社MS-Japan(東京・千代田、有本隆浩社長)は、会計事務所や法律事務所を探す企業経営者や管理部門担当者のための事務所検索サイト「J-ing(ジェイング)」を開設した。

  J-ingでは国内事業の会計・税務に関わる課題解決や海外事業展開のサポートの依頼など、企業が抱える課題に対して強みを持つ会計・法律事務所の情報を知ることができる。

 事務所検索では、対応地域をはじめ業種や依頼業務内容、クライアント企業の売上規模や所属する有資格者数など、複数の項目から該当する事務所を見つけだす機能がある。

 会計や法律に関するコラムや記事などを企業経営者・管理部門担当者にむけて定期配信することで、事務所経営者に対する事務所の認知向上やブランディング促進のためのプランを提供していく方針だ。
12 件

関連する記事

レビックグローバル/500タイトルのeラーニングを用意 他

レビックグローバル/500タイトルのeラーニングを用意 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【レビックグローバル、人財ラボ、ワークス・ジャパン、アデコ】
レビックグローバル/スキマ時間を活用したeラーニングを提供 他

レビックグローバル/スキマ時間を活用したeラーニングを提供 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【レビックグローバル、マイナビ、チームスピリット、保健同人社、ハイテクノロジーコミュニケーションズ、ドリームホップ、MAP】
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中