2017年2月1日

ディスコ/企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)は、オンライン求人票システム「キャリタスUniCareer(略称:キャリタスUC)」をリニューアルした。今後、採用広報の開始にあわせ、求人情報を大学に向けて配信していく。

 (11360)

 「キャリタスUC」の前身は2008年にサービスを開始したUniCareerで、利用校は800校を超えている。

 今回のリニューアルでは、ディスコが提供する就職情報サイト「キャリタス就活」との連携を強化した。キャリタス就活に採用情報を掲載中の企業がキャリタスUCを利用して学校に求人票を配信すると、配信実績がキャリタス就活の学生画面上に表示される。

 また、学生は先輩の「就活体験レポート」を閲覧することができるほか、3月からは「キャリタス就活2018」上に先輩のレポートがあることが分かるようにアイコンが表示されるため、学生は自校生を採用する意思がある企業を判断できる。

 企業向けには、求人票やインターンシップ情報の配信・管理、企業情報の登録・公開などのほか、学校とのメッセージ送受信などの機能があり、登録・利用は無料となっている。

 1月時点で2万7000社を超える企業から利用申し込みがあり、企業と学校のネットワークを利用して学生の就職支援を行っていく計画だ。
2 件

関連する記事

ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

ディスコ/アセアン地域の大学生採用支援を強化 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ディスコ、MyRefer、インソース、ヒューマンリソシア、ステラス】
【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

外資系企業が必要とするバイリンガル人材の採用競争が一層激しさを増している。従来の採用手法だけでは十分な応募を集めることが難しくなっており、必要な人材を確保するためには潜在的な候補者にもアプローチしていくことが欠かせなくなっている。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中