2015年12月25日

リクルートがオランダの人材派遣会社を買収

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は12月22日、オランダの人材派遣会社USGピープルを買収すると発表した。買収額は1897億円。

 (867)

 USGピープルは1917年設立で、オランダ、ベルギー、フランス、ドイツにおいて約6万人のスタッフを派遣している。2014年の売上高は23億5500万ユーロ。

 今回の買収によって同社の国内と海外を合わせた人材派遣事業の売上高は約1兆1000億円に達し、アデコ(スイス)、ランスタッド(オランダ)、マンパワーグループ(米国)に次ぐ規模になる見込み。また、人材派遣事業の売上高は海外が国内を上回る。

 リクルートは2020年に人材領域でグローバルNo.1になることを目標に掲げ、海外で人材会社の買収を続けている。15年も米国や豪州で3社を買収したが、USGピープルが加わることで欧州でも事業基盤が確立されることになる。

 同社は人材派遣領域のM&A方針として、市場規模が大きな先進地域であることと、国内で培った事業運営ノウハウで業績の改善が図れることの2つを挙げており、過去の買収でも実績を上げてきている。成長投資として、中期的に7000億円の余力があり、今後も積極的なM&Aが予想される。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

 労働者派遣事業の2016年度の売上高は6兆5798億円で、3年連続で増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万754事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
約4割の人がダイバーシティ推進を“大切”と認識、20代女性は5割超 ランスタッド

約4割の人がダイバーシティ推進を“大切”と認識、20代女性は5割超 ランスタッド

 ダイバーシティの推進を大切と捉える人は約4割にのぼっており、特に20代女性にとっては企業を選ぶ際の基準にもなっているということが、総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)が実施した「企業のダイバーシティ(人材の多様性)の推進に関する調査」 で分かった。
働きたい企業1位にパナソニック、2位トヨタ、3位日清食品 ランスタッド調査

働きたい企業1位にパナソニック、2位トヨタ、3位日清食品 ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド」を調査・表彰するランスタッドアワード2018の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位はパナソニック、2位はトヨタ自動車、3位は日清食品ホールディングスで、海外企業部門の1位はApple Japanとなった。
ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANAビジネスソリューションは、人材派遣・紹介、教育・研修事業などを行っており、ANAグループのOB・OGなどの豊富な実務経験を持つ「人財」をスピーディーに提供できることが強みだ。付加価値の高いサービスによって多くの企業の生産性向上を支援し、信頼を得ている同社の矢澤潤子社長にサービスの特長や最近の状況などを聞いた。
ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山・岡山、石川康晴社長)と、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ(東京・渋谷、和田孝雄社長)は、ストライプインターナショナルが運営するファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース